주요 기사 바로가기

【コラム】韓国の未来「超連結社会」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.09 16:29
0
「自動車はもうソフトウェア(SW)で動いている」。ダイムラーベンツの最高経営責任者(CEO)、ディーター・ツェッチェの言葉だ。誇張された言葉ではない。実際、自動車開発原価でソフトウェアが占める比率は50%を超える。年初に米国で開催された消費者家電見本市のCESやスペインで開催されたモバイル・ワールド・コングレス(MWC)でも、現代車・アウディ・GMなど自動車企業が多数参加し、先端情報通信技術(ICT)を誇った。これはICTが製造業と融合している一つの事例にすぎない。

CESとMWCでソフトウェアと自動車の融合ほど注目された技術は、多様な形態のウェアラブル(wearable)機器だ。これは韓国社会がスマートフォンを越え、あらゆるモノが連結される「超連結社会(Hyper-connected Society)」に本格的に転換されていることを見せている。このように世界的にICTと他の分野の融合は産業の競争力を左右し、新しい市場を誕生させる決定的な要因として作用している。

すでに世界各国は動き始めている。主要先進国は使用者中心の適切なサービスを提供するため、教育・医療・金融などサービス業をICTと融合する努力に拍車を加えている。伝統製造業もICTを活用し、生産工程を最適化している。さらにICTを利用し、各種の社会問題を解決するために努力している。
【コラム】韓国の未来「超連結社会」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP