주요 기사 바로가기

セウォル号の惨事、根本的な問題点を聞く(七)…高麗大教授

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.09 14:10
0
船舶のバランスを取るバラスト水の不足、緩い貨物固定…。セウォル号の転覆と沈没の原因はすべて表れたのだろうか。リレーインタビューの7回目、高麗大法学専門大学院の金仁顕(キム・インヒョン)教授(55)の分析を聞いた。海上法専門家の金教授は「セウォル号が短時間で沈没したのは、船が傾きながら貨物と車が出入りする通路の役割をする船舶のランプ(ramp)部分に水が流れ込んだためであるようだ」と述べた。こうした事故を防ぐためには「外航商船に適用される厳格な安全基準を内航旅客船にも適用しなければいけない」と主張した。金教授は韓国海洋大を卒業した後、10年間、航海士・船長などを務めた。船の座礁事故を経験したのをきっかけに学者になった海上災難専門家だ。

--事故の直接的な原因はほぼ明らかになったようだ。

「知られているように、いくつかの原因が複合作用した結果だ。セウォル号は多くの貨物を積載するためにバラスト水を減らし、復元性が悪化した。一度傾くと、正常に戻らないようだ。しっかり固定されていない貨物が片方に寄って、船がさらに傾いたのだろう。船舶の急な方向変更が転覆の原因の一つという分析は正しくない。船舶は海上の衝突を避けるために30度まで方向を変えることができる。セウォル号の30度の変針(方向転換)に問題はない。操舵機が故障して方向を戻せなかったとすれば問題だ。セウォル号は30度以上回転する状態が続いたようだ。結局、済州に向かって南に進んでいた船が北に180度方向を変えることになった」

--船はすぐに沈没した。

「事故が発生してもそれほど速くは沈没しない。どこからか水が流れ込んだということだ。当初は船が座礁し、底に穴が開いたと思った。しかしそうではないようだ。船のランプ部分が水を完全に遮断できないようだ」

--船長と船員がきちんと対処していれば、犠牲者を減らすことができたはずだが。

「内航旅客船の船長の中には体系的な航海教育を受けていない人がかなりなると推定される。1980年代に海運産業が急成長し、船長の需要が大きく増えた中、船員としての経歴だけで船長の免許を取得した人たちだ。セウォル号の船長もそのケースのようだ。この人たちは船舶の安全に関する専門知識が不足するしかない。そうでなければ自分の命がかかっているバラスト水を抜くはずがない」

--韓国の海運レベルはどの程度か。後進国なのか。

「外航海運は世界的なレベルだ。セウォル号の検査で問題視されている韓国船級は、船舶の安全等級を付ける船級分野で世界ランキング6位だ。今回の事故で韓国海運のイメージも大きな打撃を受けた」

--内航海運はなぜ問題が多いのか。

「実際、内航は外航に比べて安全だ。天気が良くない時は出港しなければよいし、沿岸を航海しながら船に問題が発生すれば、海洋警察が出動して陸地に引けばよい。このため、外航海運に適用される厳格な安全規則がかなり免除されてきた。旅客船会社の大半が零細であるため、厳格な規定の適用が難しいところもあった。しかし今回の事故でこういう政策は維持するのが難しくなった」

--対策は。

「パラダイムを大幅に変えて内航旅客船にも外航商船の安全基準を適用しなければいけない。船舶管理専門会社を設立し、旅客船の運航を任せればどうだろうか。この会社が船長・航海士など優秀人材を採用して管理し、旅客船会社に派遣し、船を運航させる。外航商船方式だ。韓国の近海は事故の危険が常にある。建造を終えた船が試運転し、衝突事故が発生することもある。現場では新しい船舶の試運転航行区域を法で定め、事故を先制的に防ぐべきだという声も多い」
【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    セウォル号の惨事、根本的な問題点を聞く(七)…高麗大教授

    2014.05.09 14:10
    뉴스 메뉴 보기
    金仁顕(キム・インヒョン)教授
    TOP