주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>ロンドン五輪の追憶…また一つになった「洪明甫キッズ」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.09 09:26
0
サッカーのブラジルワールドカップ(W杯)に出場する韓国代表選手23人が確定した。世界のサッカー祭りに向けて盛り上がっていく時期だが、旅客船「セウォル号」の惨事で国民の気持ちは沈んでいる。まだ行方不明者もいるのにW杯に熱狂する時かという声もある。しかし、いつまで落ち込んでいるわけにはいかない。米同時多発テロや東日本大震災など大きな災難を経験した隣人は、スポーツを通じて傷を癒やし、日常に戻る力を得た。今回のW杯を通じて、韓国サッカーが国民の心を一つにし、また立ち上がるためのきっかけになることを望む。このため中央日報はブラジルW杯のテーマを「頑張ろうコリア、もう一度テーハンミング(大韓民国)」に決めた。今回のW杯を通じて、どん底にある大韓民国の国格と自尊心を立て直すことを望む。

一言で、洪明甫(ホン・ミョンボ)監督(45)のチームだ。ブラジルW杯に行くサッカー韓国代表は歴代W杯チームで最も若く、体格条件が優れている。これまで洪監督と一緒にしてきた選手が主軸となった。洪監督が強調した「Oneチーム、Oneスピリット、Oneゴール」という哲学で団結した覇気満々のチームだ。

洪監督は8日、京畿道坡州代表チームトレーニングセンター(NFC)で、国際サッカー連盟(FIFA)ブラジルW杯最終エントリー23人を公開した。朴主永(パク・ジュヨン、29)、具滋哲(ク・ジャチョル、25)ら洪監督と一緒に2012年ロンドンオリンピック(五輪)の銅メダルを合作した選手12人が含まれた。

ロンドン五輪開幕を控えて負傷で落馬したり、ポジション争いで惜しくも脱落したGK金承奎(キム・スンギュ、24、蔚山)とDF洪正好(ホン・ジョンホ、25、アウクスブルク)、MF韓国栄(ハン・グギョン、24、柏レイソル)まで含めると15人(65.2%)にのぼる。

平均年齢も下がった。4年前の南アフリカW杯当時、選手団の平均年齢は27.4歳だったが、今回のチームは25.9歳だ。歴代韓国W杯代表チームで最も低い。平均身長は182.3センチから184センチへと高くなった。

2009年にU-20(20歳以下)代表を指揮した洪監督は、同年のエジプトユースW杯、2010年広州アジア競技大会、2012年ロンドン五輪を通じて、1980年末-90年代序盤生まれの選手とともに成長した。似た年齢帯の選手500人余りを集中チェックし、代表選手を発掘して育てた。

チームの戦術だけでなく、チームの精神も重視した。昨年7月にAチームの監督に就任した直後、洪監督が代表チームのスローガンとして発表した「Oneチーム、Oneスピリット、Oneゴール」は、洪明甫号の精神を集約したものだ。
<W杯サッカー>ロンドン五輪の追憶…また一つになった「洪明甫キッズ」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP