주요 기사 바로가기

<フィギュア>現役引退のキム・ヨナ、第2の人生は?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.05.07 14:26
0
もう現役選手としての重荷は下ろした。今後が関心事だ。“フィギュアクイーン”キム・ヨナ(24)が現役フィギュアスケーターとしての生活を終えた。

キム・ヨナは6日に終わったアイスショーを最後に、17年間のフィギュアスケート選手生活を締めくくった。“強心臓”とみられてきたキム・ヨナは、アイスショーを終えた後、こらえていた涙を流した。今はキム・ヨナの今後が注目されている。

ひとまずキム・ヨナは「今すぐ急いで考えることでもない」と述べた。休養を取りながら今後の計画を考えていく計画だ。まだ具体的な計画を考えていないキム・ヨナは3月初めのファンミーティングで、「フィギュアスケートは私の最も大きな長所で、最も自信がある分野。指導者をしようと何をしようと、フィギュアは最後まで手放さないだろう。そういう方向でずっと進んでいきたい」というレベルで今後の方向に言及した。

最も可能性が高いのはフィギュア指導者だ。ファンミーティング当時、キム・ヨナは「私がこれまで習ったこと、よく知っていることを後輩に伝えていこうと思う。継続してできるところまで助けたい」と話した。

また、フィギュア有望選手、疎外階層のためのチャリティー事業を始める可能性もある。キム・ヨナ側のある関係者は「まだ下絵も描いていない段階だが、キム・ヨナが選手生活をしながらも続けてきたチャリティー活動をさらに具体化する考えがあると聞いている」と話した。

一方、2012年7月に選手復帰記者会見をしながら言及した国際オリンピック委員会(IOC)選手委員への挑戦は慎重に考えている。IOC委員と同じ権限および恩恵を受ける選手委員は各NOC(国家オリンピック委員会)あたり1人だけ可能だ。現在、テコンドー代表出身の文大成(ムン・デソン)委員が選手委員として活動している中、キム・ヨナのほか、張美蘭(チャン・ミラン、ウエイトリフティング)、チン・ジョンオ(射撃)もIOC選手委員の目指している。韓国選手は文委員の任期が終わる2016年以降に選手委員に挑戦できる。

これに関しキム・ヨナは「もう少し考えなければいけない。やりたいからといって100%なれる保証もない」とし、慎重な姿勢を見せた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>現役引退のキム・ヨナ、第2の人生は?

    2014.05.07 14:26
    뉴스 메뉴 보기
    引退舞台を披露したフィギュアのキム・ヨナ。
    TOP