주요 기사 바로가기

<フィギュア>「アディオス、グラシアス」キム・ヨナに拍手喝さいのファンたち

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.05.05 09:35
0
優雅で美しい演技に、1万人余りの観客は心から魅了された。そして現役最後の舞台を披露したフィギュアクイーンに、盛大なスタンディングオベーションを送った。

“フィギュアクイーン”キム・ヨナ(24)が4日、ソウルのオリンピック公園体操競技場の特設リンクで「サムスンギャラクシースマートエアコン・オールザットスケート2014」を行った。この日キム・ヨナは、ディズニーアニメ『アナと雪の女王』のOST『Let it go』を始め、ソチ冬季オリンピックのショートプログラム『Send in the clowns』、新しいエキシビションプログラムであるオペラ「トゥーラントッド」の『誰も寝てはならぬ(Nessun Dorma)』を披露した後、『Time toSay goodbye』をフィナーレで演じて観客に感謝の気持ちを伝えた。

この日のアイスショーのテーマは「アディオス、グラシアス(Adios、Gracias)」だった。今回のアイスショーを最後に現役舞台から完全に引退するキム・ヨナは、これまで自身を応援してくれたファンたちに向けて感謝の意を伝える舞台を繰り広げた。

キム・ヨナは出演陣らと共に、フィギュアの祭典の序幕を知らせる群舞で1万人余りのファンたちに挨拶をした。オープニングプログラムは今年3月に韓国内のアニメ史上初めて1000万人の観客を突破した『アナと雪の女王(韓国での題名:冬の王国)』の挿入曲『Let it go』をバックに優雅な姿を見せた。淡い水色ドレスを着て登場したキム・ヨナの姿は、まるで主人公エルサを見るようだった。

キム・ヨナは第1部の最後の舞台に登場して、ソチ冬季オリンピックショートプログラムだった『Send in the clowns』をバックに金メダルの演技をした。キム・ヨナは当時ショートプログラムで1位に上がった。オリーブグリーンのドレスをそのまま着て出てきたキム・ヨナの演技に、1万人余りの観客が再び魅了された。

ナインチェンバーオーケストラの雄壮な演奏とともに行われた第2部では、新しいエキシビションプログラムであるプッチーニのオペラ「トゥーランドット」の『誰も寝てはならぬ』を演じた。真っ赤なドレスを着て登場したキム・ヨナは、1編のオペラ舞台を連想させるような美しい演技と豊かな芸術的感情を表現し尽くした。この日リリースしたトリプルサルコ、ダブルアクセルジャンプもやはりすっきりとこなした。キム・ヨナの完ぺきな演技に一部の観客は涙ぐんでいた。

キム・ヨナはさらに出演陣らと共に『Time toSay goodbye』で観客らに別れの挨拶を伝えた。テノール歌手のチョン・ウイグンとソプラノのカン・ヘジョンが直接歌った『Time toSay goodbye』に合わせて出演陣が先に演技をした後、薄紅色のドレスを着て舞台に登場したキム・ヨナは、優雅で繊細な演技で再び大きな拍手を受けた。

この日のアイスショーにはキム・ヨナだけでなく後輩のパク・ソヨン、キム・ヘジン、キム・ヨナアイスショーの常連ステファン・ランビエール(スイス)、男子フィギュアの伝説アレクセイ・ヤグディン(ロシア)、ソチ冬季オリンピックペア金メダリストのタチアナ・ボロソジャル-マキシム・トランコフ(ロシア)、ソチオリンピック男子シングル銅メダリストのデニス・テン(カザフスタン)らが共演した。一方、この日のアイスショー前には先月16日に発生したセウォル号沈没事故の犠牲者のための黙祷の時間も持った。アイスショーは5、6日にも同じ場所で1回ずつ行われる。
【特集】アディオス、“フィギュアクイーン”キム・ヨナ


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア>「アディオス、グラシアス」キム・ヨナに拍手喝さいのファンたち

    2014.05.05 09:35
    뉴스 메뉴 보기
    4日午後、引退舞台を披露したフィギュアのキム・ヨナ。
    TOP