주요 기사 바로가기

「ソウルの素顔」見物、どこでも地下鉄で1ドルでOK(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.02 13:17
0
「地下鉄でもいくらでも飛行機や汽車のように旅行することができます。ソウルでは1ドルあればいいでしょう。あなたが降りた所がそのまま旅行地になるのです。」

米国人のチャーリー・アッシャー(Charlie Usher・32)にとって地下鉄は出退勤の手段ではなく旅行手段だ。チャーリーはソウルだからこれが可能だと考える。ロンドンやニューヨークに比べてソウルの地下鉄が安くてきれいなためだ。最近発刊された『チャーリーとリズのソウル地下鉄旅行記』には彼がどのようにこの考えを実践に移したのかが現れている。

実は、チャーリーは旅行専門家だ。ウィスコンシン大学の英文科に通っていた時、最後の学期をイタリア・ローマで過ごした。学期を終えて3カ月間、ヨーロッパをバックパック旅行で回った。その後旅行に興味を持ったチャーリーは大学卒業後、ニュージーランドやオーストラリアなど34カ国を旅行して暮らした。平壌(ピョンヤン)と開城(ケソン)にも行ってきた。

チャーリーが2009年に定着することに決心したところがまさにソウルだ。これにはどこにでも連れていくソウルの地下鉄も一役買った。チャーリーはこの地下鉄を利用して旅行する計画をたてた。今はニューヨークに戻ったが、当時韓国に滞在していた友人のリズ・グレセン(Elizabeth Groeschen)が写真を撮ってくれることになった。

2009年11月に論峴(ノンヒョン)駅に初めて行ってきたのをきっかけチャーリーが運営するブログ「SeoulSub→Urban」に着々と旅行記が溜まり始めた。例えば、訪問する地下鉄の駅が決まると先にその地域の歴史と名所などを調査した。実際に駅に到着してからは当てもなく歩き回りながら細かく記録した。ブログに書き込む時は何番出口に美味しい店があるのか表記するのも忘れなかった。そんな話がまとめられて出たのがこの地下鉄旅行記本だ。何と140余りの地下鉄の駅が出てくる。
【コラム】アジア最大の格安航空会社が参入してくるのに=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ソウルの素顔」見物、どこでも地下鉄で1ドルでOK(1)

    2014.05.02 13:17
    뉴스 메뉴 보기
    米国チャーリー・アッシャー(左)が地下鉄だけを使っても思い切り見学できると話し旅行記を書いた。右は友人のリズ・グレセン。(写真=ソウルセレクション)
    TOP