주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没>青瓦台報道官、遺族に「遺憾」発言で波紋広がる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.01 09:36
0
閔庚旭(ミン・ギョンウク)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官が30日、旅客船「セウォル号」惨事に対する朴槿恵(パク・クネ)大統領の国民謝罪を遺族が批判したことについて「遺憾」と表現し、波紋が広がっている。

閔報道官は30日午前、セウォル号犠牲者遺族対策会議が朴大統領の国務会議(前日)での謝罪について「5000万人の国民がいるが、朴大統領の国民は国務委員だけなのか。非公開謝罪は謝罪でもない」という立場を明らかにしたことに対し、「遺憾であり、私が見るに残念だ」と述べた。

また閔報道官は前日、「事態の収拾が進み、再発防止策が用意されれば、(朴大統領の)謝罪を含む、国民に対する立場発表があるのではないかと思う」と述べたが、この日は「(前日)謝罪があったところに、報道官が次の謝罪がどのような形でありそうだと話すこと自体が適切でない」と述べ、発言を覆した。

波紋が広がると、閔報道官は「(遺憾は)私の個人的な考えであり、青瓦台や大統領の立場ではない」と釈明した。しかし波紋は収まらず、批判世論も強まった。

李貞味(イ・ジョンミ)正義党報道官は「この状況で遺族に遺憾だという表現が簡単に出てくるのを見ると、心からの謝罪ではなかったことが分かる」と主張した。

閔報道官は「(現在、青瓦台で)公式的には朴大統領の追加謝罪について議論は進められていない」と述べた。しかし青瓦台内外では、早ければ5月中旬に朴大統領が国民に対する立場発表をし、この時に国家改造に関するマスタープランの説明と追加の謝罪があるという見方が出ている。
【特集】韓国旅客船「セウ䢃ル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP