주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没>遺族が記者会見…「朴大統領の非公開謝罪は謝罪でない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.30 14:52
0
旅客船「セウォル号」沈没事故の犠牲者の遺族が「5000万人の国民がいるが、朴槿恵(パク・クネ)大統領の国民は国務委員だけなのか。非公開謝罪は謝罪でない」と批判した。

遺族対策会議は29日午後6時30分ごろ、京畿道安山市檀園区草芝洞のワースタジアム2階の会議室で記者会見を開き、「朴槿恵大統領は今日、焼香所でも、ただ広告を撮りに来たようだった。真の大統領の姿ではない。実践と実行のない謝罪は謝罪ではない」とし、このように述べた。

続いてセウォル号事故の正確な事故経緯と事故発生の真相究明を正式に政府に要請した。また「葬儀や追悼公園より、彭木(ペンモク)港の行方不明の子どもに関心を向けてほしい」とし「政府は怠慢で欺まん的な救助体系のため、命を救える状況であるにもかかわらず、救えずにいる。これ以上の弁解のない積極的な態度を求める」と主張した。

この日、京畿道安山市檀園区草芝洞の花郎遊園地に設置された「セウォル号事故犠牲者政府合同焼香所」の弔花が、遺族の抗議のため外に移される騒ぎもあった。朴大統領、李明博(イ・ミョンバク)前大統領、姜昌熙(カン・チャンヒ)国会議長、鄭ホン原(チョン・ホンウォン)国務総理、黄祐呂(ファン・ウヨ)セヌリ党代表最高委員、姜秉圭(カン・ビョンギュ)安定行政部長官、李柱栄(イ・ジュヨン)海洋水産部長官らの弔花はすべて外に移された。
【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP