주요 기사 바로가기

朴大統領、セウォル号惨事を公式謝罪

ⓒ 中央日報日本語版2014.04.29 13:31
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領がセウォル号惨事から14日目の29日、「今回の事故で多くの尊い命を失うことになり、国民の皆様に申し訳なく、心が重い」として公式謝罪した。

朴大統領はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で国務会議を主宰し「事前に事故を予防できず、初動対応と収拾が不十分だったことについて何とお詫び申し上げれば、その痛みが少しの間でも慰められるのかと胸が痛い」と話した。

朴大統領は「執権の初めに、このような悪習や誤った慣行、異常なことを正常化させる努力をさらに強化しなければならなかったのに残念だ」として「今度こそ必ず誤った問題を正し、新しい大韓民国の枠組みを再びとらえて国民の信頼を取り戻し、安心して暮らせる大韓民国を作る道を歩む」と強調した。

これに先立ち朴大統領は午前中、京畿道安山(キョンギド・アンサン)の花郎(ファラン)遊園地に整えられた「セウォル号事故犠牲者政府合同焼香所」を弔問した。


【特集】韓国旅客船「セウォ讃」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP