주요 기사 바로가기

【コラム】「先進韓国」よりも「安全韓国」が重要だ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.28 16:14
0
先週私は、セウォル号惨事について論評してほしいという5つの国内外メディアの要請を全て断った。あるメディアは、(救助に参加したダイバーだと偽っていた)ホン・ガへ氏の偽インタビューのような周辺的な問題についての意見を聞いてきた。また別のメディアは今回の事故が地方選挙に及ぼす影響を予想してほしいといった。

私は先週の金曜日、檀園(ダンウォン)高校に取材に行ってきた記者の友人と話を交わした。彼は現場の雰囲気を把握するために学校の中を歩き回った。一緒に行った写真記者は、あちこちでクローズアップしない写真を撮った。だが、ほかのメディアは自制力を発揮しなかった。テレビニュースの撮影チームは泣いている子供たちの面前にカメラを向けた。あるリポーターは教室に入って悲しみに沈んでいた生徒にインタビューをしようといった。子供は1人にしておいてほしいと怒鳴りつけた。外で怒鳴り声を聞いた記者たちが互いに押しよけながら教室に乱入して、この気の毒な子供を取り囲んだ。

ある有名な西欧の新聞は、次の文を写真と共にツイッターに掲載した。「韓国旅客船沈没の犠牲者の親戚が涙を流している。追加写真:[リンク]」。また世界のメディアは「韓国の文化が問題だった」というお決まりの分析を流布している。CNNは「服従指向が強い文化のために、生徒たちがより早く船から降りなかった」と報道した。私は気になっている。米国で惨事が発生しても米国文化のためだと報道するのか。

実際、韓国の人々よりも韓国を批判する人々はいない。先週、私はあまりにも多くの人々が「我が国は三流だ」「道徳的に破たんした」「後進国だ」と話すのを聞いた。近ごろ私たちが目撃した最も未開な事件を挙げろと言うなら、断然「未開」発言が呼び起こした波紋だ。だが私に最も当惑するのは「先進国」をどうこう言う言葉があふれていたということだ。

「先進国論」について言いたいことがある。最初に、先進国に対する執着は韓国社会で最も否定的に作用する力だということだ。先進国論は、間に合わせでも「今すぐに」を重視する考え方をあおっている。真の社会発展や韓国が成就したことなどへの肯定的な省察を妨げているのも先進国論だ。また数字で測れるものは何でもほかの国と比較する病気を再発させるのも先進国論だ。

意地悪なことに、この先進国観念は韓国がより幸せで安全な国になることを妨げている。今重要な問題は、無神経な絨毯(じゅうたん)爆撃式の報道や場当たり的な敗北主義が、この先、明白にすべきことを無視する心理的な基底に作用するということだ。
【コラム】「先進韓国」よりも「安全韓国」が重要だ(2)

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP