주요 기사 바로가기

<オバマ単独インタビュー>FTAとTPP

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.25 10:05
0
2012年3月15日の韓米自由貿易協定(FTA)発効後、韓国の対米輸出は2012年に4.1%、2013年には6%増えた半面、輸入は2012年に2.8%、2013年に4.2%減少した。米国は韓国が自動車・医薬品市場をさらに開放することを希望し、韓国は米国が主導する環太平洋経済連携協定(TPP)に早期参加することを望んでいる。

--2周年を迎えた韓米FTAに対する評価は。

「韓米FTAは韓国と米国の両国に利益となっている。2年前にFTAが発効した後、両国の貿易は増加した。米国は韓国に自動車・工業製品・サービスなどをより多く輸出し、これによって米国人はより多くの良い職場を持つことになった。韓国は米国により多くの商品を輸出し、そのおかげで米国人は商店で参鶏湯(サムゲタン)など、より多くの韓国商品を見ることになるだろう(※米農務省は先月26日、韓国を家禽肉加工品輸入許容国に認定し、今年夏から米国に韓国の参鶏湯などを輸出できることになった)。韓米FTAが完全に履行されるためには解決されるべきいくつの問題があるが、今回の訪韓で朴槿恵(パク・クネ)大統領と議論することを望んでいる」

--韓米間のTPP交渉はいつ始まるのか。

「我々の核心貿易パートナーの韓国がTPP交渉に関心を持つことを歓迎する。TPPは加盟国に対し、より多くの市場を開き、輸出を促進し、企業がグローバル経済でさらに競争力を持てるよう助けるだろう。現在、我々は11のTPPパートナー国との交渉に集中している状況だが、他の国が新しく交渉に加わるのは容易でない。現在、我々は韓国政府と韓米間のイシューについて協議しているが、これが実現すれば韓国は結局、TPPの高い基準を満たすことになるだろう。実際、韓国がTPPに参加する最高の方法は、米国と緊密に協議し、韓米FTAを忠実に履行することだ」

--中国がTPPに参加する場合、米国の立場は。

「我々はTPPが最終的に協定の高い基準を満たす準備ができたすべての地域経済に門戸が開かれるという点を明確にしてきた。この基準は貿易・投資障壁を低め、労働・環境を保護し、(中国の)国営企業と競争しなければならない米国企業が公正な条件で事業ができる条件を用意し、米国の知的財産権を強く保障するものだ。貿易が自由で公正なら、すべての国が同じ規定で運営しなければいけない」
<英語全文>オバマ米大統領の中央日報単独インタビュー

【特集】オバマ米大統領の韓日訪問


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP