주요 기사 바로가기

日米首脳、「尖閣は日米安保条約の適用対象」…中国の反発予想

ⓒ 中央日報日本語版2014.04.24 14:43
0
日本を訪問中のオバマ米大統領は24日、安倍晋三首相との首脳会談後に行った記者会見で、尖閣諸島(中国名・釣魚島)が日米安保条約の適用範囲に入ると明らかにした。

米国大統領が尖閣問題に関連し、日米安保条約に立って米国が日本を防衛する義務があるという点に言及したのは初めてで、尖閣紛争の当事国である中国の反発が予想される。

この日、両国首脳は会談で日米両国が強固な同盟関係を通じてアジア太平洋地域で主導的な役割を果たしていくことで合意した。

しかし終盤まで難航を繰り返していた環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の原則的な合意を導き出すことには失敗し、閣僚級の交渉を継続することにした。
【特集】オバマ米大統領の韓日訪問


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP