주요 기사 바로가기

作業車に盛り土…北朝鮮が豊渓里で核実験の準備か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.22 09:49
0
北朝鮮が4度目の核実験の準備段階に入った状況が捉えられ情報当局が集中監視に入った。韓国政府当局者は21日、「北朝鮮が咸鏡北道豊渓里(ハムギョンブクド・プンゲリ)の核実験場3号(南側)坑道で奔走する姿を見せている。以前にはなかった作業用車両が動き、坑道近くに盛り土が観測されるなど、以前の3回の核実験直前と状況が似ている」と明らかにした。

同当局者は、「こうした動きは衝撃波を減少させるための隔壁設置と、核実験用爆発装置と観測用ケーブルの連結作業の可能性がある」と説明した。

別の当局者は、「北朝鮮は過去に外務省を通じて核実験を予告してから1カ月たたずに核実験を強行した。先月31日に北朝鮮外務省が新たな形態の核実験を実施すると明らかにした直後にこうした動きがあり鋭意注視している」と話した。北朝鮮は2006年と2009年、2012年の3回の核実験の際は外務省報道官の予告後それぞれ6日後、26日後、20日後に核実験を実施した。

ミサイル発射で国際社会が制裁の動きを見せれば核実験を強行するパターンを見せてきた。北朝鮮は2月末から大量にミサイル発射実験をしてきた。

韓国政府当局者は、「4度目の核実験をするならば核爆弾より威力が大きい増幅核分裂弾を利用した実験をする可能性がある。この場合国際社会の制裁レベルはさらに強化されるだろう」と指摘した。増幅核分裂弾はプルトニウムやウランの周りに水素を入れ核融合反応を起こす方式で、核爆弾と水素爆弾の中間段階だ。小型化が容易で破壊力は原子爆弾の5倍ほどになると専門家らは分析している。

韓国政府は25日のオバマ米大統領の訪韓日程を前後して北朝鮮が武力示威をする可能性があるとみている。

国防部はこの日、こうした北朝鮮の核活動の動きと関連したブリーフィングを公開的にしようとしたが、セウォル号沈没事故によりキャンセルした。豊渓里一帯の動きは韓米連合情報資産のため長官級の決定がなくては公開が容易ではない。国防部は先週中盤から豊渓里一帯の動きが捉えられるとすぐにメディア向けブリーフィングを決めたという。

国防部当局者は、「最近の北朝鮮の軍事的動きに対しては公開するという立場だった。だが、北朝鮮の核実験を利用してセウォル号沈没事件に対する国民的関心をそらそうとしているとの誤解を受けかねない周辺の指摘を受け止めブリーフィングを取り消した」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP