주요 기사 바로가기

オバマ大統領、日本とのTPP交渉で主導権を狙う

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.18 08:08
0
23~25日に日本を国賓訪問するバラク・オバマ米国大統領の日程をめぐり両国の神経戦が終盤まで続いている。17日、日本メディアによると、オバマ大統領の具体的な到着時間さえまだ決まっていなかった。安倍晋三首相は23日、オバマ大統領と非公式の晩餐会合を望んでいる。だが、米国は「晩餐時間の前に到着する」という明確な回答を出していないため、日本は気持ちが落ち着かずにいる。もしもオバマ大統領が安倍首相の希望通りではなく23日深夜に到着した場合、日本での日程は「形だけ2泊3日」にならざるを得ない。

この場合、オバマ大統領の国賓訪問を「靖国神社参拝による葛藤克服と日米同盟の完全復活」の象徴にしたい安倍首相の計画にも支障が出ることになる。

到着時間が確定しない理由を、日本メディアは両国間の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に求めている。民放放送のテレビ朝日は「オバマ大統領が深夜に到着するか、晩餐時間に到着するかのカギを握っているのは、17日(現地時間)に米国ワシントンで開かれる両国間のTPP交渉」と分析した。「シリアでの誤った対処をし、ウクライナ問題でも先手を奪われたという批判されている状況で、オバマ大統領が派手に広報してきたTPPにおいて、成果なく手ぶらで安倍首相と夕食を共にすることになれば米議会で非難の的になる可能性がある」というのがその理由だ。

実際、両国のTPP交渉は難航している。両国ともに首脳会談前までに妥結の糸口を見つけておくことを望んでいるが、日本の米国産牛肉輸入関税の引き下げ幅などをめぐり意見の違いが大きい。

一方、産経新聞は「訪日期間中、オバマ大統領が迎賓館でなくホテルを利用する」とし、「迎賓館に泊まるのが一般的だがオバマ大統領の対応は異例」と報じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP