주요 기사 바로가기

韓国歌謡界も旅客船沈没哀悼の中…“オールストップ”

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.04.17 15:54
0
歌を聞くような気分ではない。歌謡界も韓国旅客船セウォル号の沈没事故に涙を流している。ほとんどの歌手は新しい音源リリースの時期の延期を計画している。予定されていたインタビューや記者会見などはすべてキャンセルされた。新曲PRのために数百件と入っていた報道資料も17日にはプツリと切れた。

先にアイドルグループBlock.B(ブロックビー)は17日午前0時に発売予定だった音源公開を延期した。「皆さんに明るい姿をお見せするには、今の状況で事務所とメンバーの気持ちが今回のタイトル曲とは合わない。そのため最善の舞台をお見せできないと判断した」とその理由を明らかにした。

グループのEXO(エクソ)は21日、新しいアルバム発売に先立ち17日に予定されていた記者懇談会のスケジュールを中止した。SMエンターテインメント関係者は「懇談会をせず、今後のスケジュールを再調整することのほうが現況に合っていると判断した」と伝えた。

ガールズグループA Pink(エーピンク)は3周年ファンミーティングをキャンセルした。19日午後7時、ソウル光云(クァンウン)大学校で開く予定だった。事務所関係者は「A Pinkが明るい気持ちで歌ったりファンに会ったりできないようだ」と伝えた。

彼らの他にもあるベテラン歌手が新アルバムの発表時期を調整中であることが伝えられた。このような決定はセウォル号沈没事故の悲しみを進んで共感しようとの判断だ。

また、各放送局の歌謡・芸能番組なども次々と放映を取りやめ、最低1~2週間はカムバックを見合わせなければならない状況だ。ある歌謡関係者は「皆さんつらくて心が痛いのに、楽しく歌を歌うことはできない。芸能番組の欠番も考慮すべき問題だが、それより今の国民的感情が笑って歌うことを歓迎するはずがない」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国歌謡界も旅客船沈没哀悼の中…“オールストップ”

    2014.04.17 15:54
    뉴스 메뉴 보기
    グループのEXO(写真提供=SMエンターテインメント)
    TOP