주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没>針路変更して事故発生か…行方不明290人、6人死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.17 08:06
0
天気は悪くなかった。前日夜に空を覆っていた霧は晴れ、波は穏やかだった。だが、人間による決定が問題だった。修学旅行中だった京畿道(キョンギド)の安山檀園(アンサンダンウォン)高等学校の生徒325人と教師14人、一般乗客と乗務員を含め475人を乗せ、15日午後9時に仁川(インチョン)を離れて済州道(チェジュド)に向かっていた6825トン級旅客船「セウォル」がそうだった。イ・ジュンソク船長(69)は針路を変えた。普段の航路とは異なり、島の間を通るものだった。済州までの運航距離を短縮する方法だ。前日の霧のせいで出発が2時間ほど遅れたため、時間を短縮しようと針路を変えたと海洋警察は見ている。

セウォル号は16日午前8時40分ごろ、全羅南道珍島郡(チョンラナムド・チンドグン)の観梅島(クヮンメド)の南側3キロ地点を通りすぎようとした時、何かに衝突した。その後、船体は左に傾き始めた。カン・ジェギョン京畿海難救助隊長は「暗礁に船の左側部分がこすれて鉄板が裂けたようだ」と話した。セウォル号はすぐには救助要請をしなかった。8時55分に海上交通管制済州センターに「海洋警察に連絡してほしい」と連絡した。海洋警察に救助の届け出が出されたのは8時58分、ある乗客によってだった。その直後、客室への浸水が始まった。救助された檀園高校のイ・ダウン君(17)は「突然水が入ってきて多くの友人がライフジャケットを着ることができなかった」と話した。

午前9時30分ごろ、海洋警察艦艇とヘリコプターが現場に到着した。海軍艦艇や漁船113隻とヘリコプターなど航空機18機が救助作業にあたった。しかし17日午前2時10分までに救助された乗客は179人だけだ。生徒は325人のうち76人が救助された。その半面、乗務員は29人のうち20人が助けられた。イ船長も救出されて海洋警察調査を受けている。

死亡者は檀園高校のチョン・チャウン君(17)、クォン・オチョン君(17)、イム・ギョンビン君(17)と旅客船乗務員のパク・ジヨンさん(22)と身元不詳の女性2人の6人。残りの290人の安否は不明だ。船内に残されていると推定される。

海軍特殊部隊(UDT)は海の流れのために船内に入ることができず、17日午前1時に救助作業を始めた。

乗客数をめぐり混乱もあった。海洋水産部は17日午前0時、乗客を475人に訂正発表したが、海洋警察は「462人が正しい」と主張して結局1時30分には475人に訂正した。

◆朴大統領「救助をあきらめないで」=朴槿恵(パク・クネ)大統領はこの日、中央災害安全対策本部を訪れ、「1人でも生存者がいそうなら最後まであきらめずに最善を尽くしてほしい」と述べた。
【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓国旅客船沈没>針路変更して事故発生か…行方不明290人、6人死亡

    2014.04.17 08:06
    뉴스 메뉴 보기
    16日午前、全羅南道珍島郡(チョンラナムド・チンドグン)の観梅島(クヮンメド)の南側3キロ地点で沈んでいる6852トン級旅客船「セウォル」の乗客が漁船と海洋警察によって救助されている。船は2時間20分で沈没した。(写真=西海地方海洋警察庁)
    TOP