주요 기사 바로가기

TESSEIの「7分間の新幹線劇場」…奇跡の助演は“日本の乗客たち”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.15 08:03
0
日本清掃サービス会社テッセイ(TESSEI)の新幹線清掃作業は「7分間の新幹線劇場」と呼ばれる。停車時間12分間から乗降車にかかる5分間を引いた7分間に清掃を終え、待つ乗客が「演劇」を観覧するように眺めるためについた別名だ。1チーム22人、計11チームが一日110本の新幹線を清掃する。

米ハーバード大経営大学院の教材への収録が決まるほど有名になったのは、単に清掃の速さのためだけではない。「掃除のおじさん、おばさんではなく、乗客に“旅の思い出”を売るトータルサービスマン」という職員の情熱のおかげだ。

しかし清掃場面自体も立派なものだった。「座席と前の網のゴミを床に落とす-座席を出発方向に回す-テーブルを開いて拭く-ブラインドを開ける-通路に集めたゴミを掃く→窓枠の汚物を除去する-乗客の忘れ物をチェックする-汚れた座席カバーを交換する」。

チームワークと熟練度が抜群だが、この全過程を7分以内に終わらせるうえで、もう一つ秘密がある。乗客が席にゴミをほとんど残さないことだ。ゴミ箱に捨てたり、下車する際にテッセイの職員が持って立っているビニール袋の中に捨てるため、ゴミの絶対量が大きく減る。「7分間の奇跡」の助演はまさに日本の乗客だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    TESSEIの「7分間の新幹線劇場」…奇跡の助演は“日本の乗客たち”

    2014.04.15 08:03
    뉴스 메뉴 보기
    新幹線の掃除前に乗客にあいさつするテッセイの職員。
    TOP