주요 기사 바로가기

役員の収賄事件拡大、困惑するロッテ辛東彬会長

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.04.13 10:03
0
辛東彬(シン・ドンビン)会長率いるロッテグループが危機を迎えている。グループ内外では「会社創立以来最大の試練期」という話が出るほどだ。ロッテホームショッピングの場合、現職役員と元役員の4人が納品業者から巨額のわいろを受け取った背任収賄などの容疑で拘束された。辛東彬会長の信任が厚かったという申憲(シン・ホン)社長も近く召還される方針だ。

典型的な「甲の横暴」と呼ばれる優位な立場を利用したものだったという点で批判のレベルは高い。ロッテホームショッピングはホームページの会社紹介と、各事務所、会議室に7大倫理規範として「協力会社から金品授受、接待など不当な利益を受け取ったり不道徳な行為をしません」という文面を掲げている。一部ではしかし、「机上のスローガンだけで営業現場の根深い慣行を除去することはできない」という批判が出ている。ロッテグループは7日、「辛会長がホームショッピング不正事件を聞き激怒した」として線を引いたが、捜査方向によっては政界ロビーゲートに広まる可能性も排除することはできない。

グループ主力であるロッテショッピングは昨年7月から国税庁の税務調査を受けた。国税庁は調査を終えた1月にロッテショッピングに600億ウォン台の追徴金を科した。ロッテグループ創立以来最大規模だった。昨年末には公正取引委員会が流通業法に違反したとしてロッテ百貨店とロッテマートに50億ウォンの課徴金を科している。

事故も絶えず続いている。今年初めにはロッテカード顧客2600万人の個人情報が流出し信頼度が大きく損なわれた。グループの宿願事業であるソウル・蚕室(チャムシル)の第2ロッテワールドタワーはオープン前から火災、崩壊、爆発事故が相次ぎ、人命被害が続出した。業界ではロッテグループが財界5位という地位に見合ったシステムを構築できず悪材料が一気に噴き出したと分析している。(中央SUNDAY第370号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP