주요 기사 바로가기

浅田真央、人生で2回目のギネス認定

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.04.11 17:02
0
浅田真央(23)が人生で2回目のギネス世界記録を打ち立てた。

日本のスポーツメディアのスポニチ・アネックスは11日、日本男女フィギュアスケートを代表する羽生結弦(19)と浅田真央がショートプログラム最高点数でギネス世界記録が認められたと報道した。このメディアは浅田はギネス認定が2回目であると明らかにした。

ギネス・ワールド・レコーズ社は10日、羽生と浅田がショートプログラムで樹立した世界歴代最高点数をギネス世界記録として認めたと発表した。

羽生は2月に行われたソチ冬季オリンピックのショートプログラムで世界で初めて100点を超える101.45点を記録した。また、浅田は先月の世界選手権大会で78.66点を受けた。浅田はすでに2010バンクーバー冬季オリンピックで合計3回のトリプルアクセル成功を認められ、ギネス認定されている。

浅田と羽生は11日、日本の国立代々木競技場で開かれるアイスショー「スターズ・オン・アイス」の公演が終わった後、認定証を受ける。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    浅田真央、人生で2回目のギネス認定

    2014.04.11 17:02
    뉴스 메뉴 보기
    浅田真央
    TOP