주요 기사 바로가기

俳優パク・シフ、20誌余り日本雑誌表紙モデル‘日本国内人気立証’

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.04.11 16:55
0
俳優パク・シフが20誌余りに達する日本雑誌の表紙のモデルとなり日本列島を熱した。

パク・シフはこの1年の間、韓国TVドラマガイド、KEJ、F to F、ENISHI、KNTVガイド、韓流FUN、K-RUSH、韓流旋風、韓流T.O.P、韓流ぴあ、CCCオフィシャル、crossint、K-boyなど20誌余りに達する日本国内の有力雑誌の表紙モデルを飾った。

表紙モデルとなったパク・シフは、時にはダンディーなスーツ姿で、時にはソフトなニット姿で、時にはサングラスをかけたカリスマあふれる姿で、色とりどり「20色の魅力」を誇示した。

中国大陸で‘シフ熱風’をさく烈させているパク・シフが、日本でも‘韓流スター’の人気を計ることができる書店街を占領したわけだ。

特にパク・シフは日本で放送された『王女の男』と『清潭洞(チョンダムドン)アリス』が日本のファンの爆風のような反応を受け、恐ろしい人気急上昇の勢いを継続している状況だ。パク・シフが出演した映画『殺人の告白』は日本で1年の間、リレー上映された。これに関連し、今年発売された『殺人の告白』のDVDが販売1位を記録する勢いを見せた。また、5月には『清潭洞アリス』のDVDまで発売される予定。日本を熱くさせている‘シフ熱風’が絶えず燃え上がる見通しだ。

また、パク・シフは今まで放送された韓国ドラマの人気順位を測定する「韓国ドラマ大賞」部門でも時代劇部門と長編ドラマの2部門を席巻する光栄も得た。時代劇部門では『王女の男』が、長編ドラマ部門では『家紋の栄光』がそれぞれ1位を獲得、パク・シフの特別な人気を立証した。さらにパク・シフは日本国内で行われる各種人気投票ポール(POLL)においても有名韓流スターを抜いて人気ランキング1位となるなど、重みのある人気を維持している。

続いてパク・シフは今月5日、パク・シフの誕生日を迎えてパク・シフの故郷である忠清南道扶余(チュンチョンナムド・プヨ)を訪問した日本と中国のファン400人余りと、ささやかながら意味深い誕生日パーティーも行った。パク・シフの誕生日を記念する意味で扶余訪問を決めたファンたちの配慮に対する格別の愛情を示した。この日の誕生日パーティー以降、日本に戻った400人余りのファンらがパク・シフ公式ファン・カフェ(オンラインコミュニティ)「シフと」にその日の胸いっぱいの感動を伝え、パク・シフに対する応援メッセージが殺到している。

所属会社のフ・ファクトリーは「『清潭洞アリス』と『王女の男』が相次いで放送された後、日本国内でパク・シフに対する‘ラブコール’が絶えず続いている」とし、「つつましく、充実した姿で絶えず努力する」とコメントした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優パク・シフ、20誌余り日本雑誌表紙モデル‘日本国内人気立証’

    2014.04.11 16:55
    뉴스 메뉴 보기
    俳優パク・シフが20誌余りに達する日本国内の有力雑誌の表紙モデルを飾った。(写真=フ・ファクトリー)
    TOP