주요 기사 바로가기

韓国型サッカーがKリーグを滅ぼす

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.04.07 15:58
0
韓国サッカーの昔からの美徳がむしろKリーグを滅ぼしている。韓国の指導者は頑張って走る選手が好きだ。速いプレスは聖書の言葉と変わらない。相手がボールを持っていれば、2、3人が一斉に駆け寄ってボールを奪い取る。これが美徳だった。

しかしそこまでだ。攻撃に対する悩みは足りない。守備を厚くした後、俊足のウィングを使ってサイドから逆襲する。そしてクロス。正確につながるケースは少ない。選手はくたばるほど熱心に走るが、競技の質が落ちるという指摘が出てくる。あるKリーグの指導者は「私も試合を見ながらうとうとしたことがある。ファンならどれほど退屈だろうか」と語った。

城南FCと仁川ユナイテッドが5日に行ったKリーグクラシック第6節は、韓国型サッカーがぶつかり合った典型的な試合だった。両チームの選手は競技が終了すると、その場に倒れ込むほど頑張って走った。速いプレスの真髄を見せる試合だった。しかしつまらなかった。この試合を見たサッカーファンは「見ていると、癌になりそうだった」「0-0の試合は勝ち点を与えるべきでない」「不眠症の特効薬だ」などとコメントした。

戦術的な単調さが最も大きな原因と指摘される。Kリーグクラシックの12チームのうち浦項とソウルを除いて、ほとんどが4-2-3-1のフォーメーションを使う。サイドには速い選手、真ん中には背が高いFWが配置される。3バックを実験したソウルを除けば、11球団が4バックだ。

趙広来(チョ・グァンレ)元サッカー代表監督は「4-2-3-1が悪いのではない。選手に変化を与え、多様な攻撃をするべきだが、Kリーグのチームはすべて似ている」とし「競技内容がよく、おもしろければ、観客が入り、中継も付いてくる。もうプロサッカーは質を考える時だ」と話した。

全北現代のチェ・ガンヒ監督も厳しい発言をした。チェ監督は各チームの戦力の差がない点がリーグのレベルを落としてしまうと指摘した。チェ監督は「私たちのチームが1強だといわれるが、そうではない。12中だ」とし「イングランドプレミアリーグのように各チームの戦力の差が開いてこそ、おもしろいサッカーが生まれ、ファンが喜ぶ」と述べた。投資を活性化して戦力の差をつけるべきだという主張だ。

チェ監督は「最近のKリーグを見ると、0-0や1-0の試合が多い。迫力ある勝負が減り、心配だ」とし「(投資が減っているため)選手はみんな(海外で)プレーする準備ばかりする。闘争力と精神力で広州恒大(中国)に勝ったが、投資するリーグとは差が出るだろう。ファンも競技の質が低くなれば離れていく」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国型サッカーがKリーグを滅ぼす

    2014.04.07 15:58
    뉴스 메뉴 보기
    韓国サッカーの昔からの美徳がむしろKリーグを滅ぼしている。
    TOP