주요 기사 바로가기

【取材日記】図体ばかり大きい韓国ブランド業界の無礼について

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.07 11:15
0
「豪華さの反対語は貧困・貧しさではなく低俗・無礼だ(Du luxe ce n’est pas le contraire de la pauvrete、mais celui de la vulgarite)」。

フランスのファッションデザイナー、ガブリエル・シャネル(1883~1971)が残した言葉だ。彼は名品ブランド「シャネル」の創立者だ。シャネルは、「名品」が「虚栄に満ちた高価なぜいたく品」ではなく、正しい見識や卓越して洗練された好みから始まったものだとした。

今月5日、中央日報Saturday16面にはフランスのブランド「エルメス」最高経営者(CEO)のアクセル・デュマ氏のインタビューが掲載された。彼とのインタビューは印象的だった。インタビュー録音を起こした原本を、記者とエルメス側が互いに確認する過程を経た。正確なコミュニケーションのためだった。デュマ氏は会社の広報チームから録音収録の電子メールを受けた当日、直接検討結果を送ってきた。誤解の素地がある表現がないか事細かに確認したという。それでもインタビューで気持ちの良い話だけが行き来したのではなかった。「バーキンバッグの待機リストはマーケティング商法ではないのか」などの刺々しい質問もあったが、彼は誠意を尽くして答えた。メディアに対する姿勢、名品ブランドらしい姿だった。

だがブランド業界のインタビューが全てこうなのではない。いわゆる「名品ブランド」と呼ばれるある企業のCEOから最近インタビュー要請を受けた。「インタビュー前に予想質問を送ってほしい」という要求はありそうだと思った。ところがそれで終わりではなかった。事前質問を送ると「質問の中で、このような項目は答えに困るので外してほしい」と言った。「インタビューの時、事前質問にない問いには答えることはできない」という追加要求事項もあった。自分が言いたいことだけ話すという態度のせいで、インタビューは不発に終わった。

韓国ブランド市場が爆発的に成長しながら数多くの海外ブランドCEOが韓国を訪れてインタビューもしたいようだ。これらはインタビューの時ごとに「韓国市場が本当に重要で、韓国の消費者は立派だ」と賞賛の言葉を並べる。次は自分たちのブランド自慢を精一杯に繰り広げる。しかしもともと読者が気にしているような質問は最初から受けないようにする。

CEOの演説やインタビューは、企業やブランド広報には良い機会だ。ジーンズをはいてiPhone(アイフォン)を紹介したスティーブ・ジョブス氏が、アップル広報にどれほど役立ったのか思い出してみれば良い。だが読者・消費者との双方向疎通に下手な者たちが、私たちのブランド業界にはまだ多い。メディアという窓を通じてブランドの本当の話が伝えられることを願わない。彼らはインタビューをただ一方的な広報の場としてだけ見ている。断言するに、そのようなインタビューはただの「広告」であるだけで、そのブランドにとっても結局、役に立たない。見る目がある読者は、そのような広告を読まない。図体ばかり大きい韓国のブランド業界には、シャネルが言っていた「低俗・無礼」が依然として漂っている。

カン・スンミン ピープル&セクション部記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【取材日記】図体ばかり大きい韓国ブランド業界の無礼について

    2014.04.07 11:15
    뉴스 메뉴 보기
    中央日報4月5日付のSaturday16面、エルメスCEOアクセル・デュマ氏のインタビュー記事。
    TOP