주요 기사 바로가기

北朝鮮、なぜ無人機戦力を高めた?…北指導部、米ドローンに「恐怖」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.03 10:59
0
政府関係者は「北の警護担当者らが当時、ほとんど恐慌状態だった兆候が感知された。北指導部は“最高尊厳”(金正日)も米ドローンで除去されるかもしれないという懸念のため、金正日が関係する行事日を一切報道しないなど、身辺の保護に全力を注いだ」と伝えた。昨年3月に金正恩が自ら無人機訓練現場を指揮して満足感を表したのも、こうした背景によるものと、当局は分析している。

しかし北朝鮮が休戦ライン近隣のペクリョン島だけでなく、ソウルの真ん中にある青瓦台(チョンワデ、大統領府)まで無人航空機の侵入を許したことが暫定確認され、状況は反転した。無人機に怯えていた北朝鮮が逆に無人機で対南軍事挑発に出る可能性があることを見せた。無人機が脅威である理由は、探知が難しく、精密な攻撃で相手に致命的な打撃を加えることができるためだ。座標を入力して送れば巡航ミサイルの役割が可能だ。ここに高性能センサーを付けて画面送受信を可能にすれば、スラムERのような超精密誘導ミサイルとしても使用できる。

北朝鮮は現在、中国製無人機「D-4」を改造した「バンヒョン1、2」と米国産「ストリーカー」、ロシア産偵察用「プチェラ1T」「VR3」などの無人機を保有しているという。このうちシリアを通じて導入した米国製「ストリーカー」は最大250キロ離れた目標物に自爆攻撃を加えることができる。北朝鮮は2012年4月、「ストリーカー」を移動式発射台に載せて公開した。

韓国軍もソンゴルメなどの無人機を運用している。これらは攻撃用でなく偵察用だ。1999年から製作されたソンゴルメは2002年から北朝鮮軍の兵力・装備などに関する映像情報を提供している。イスラエル製のサーチャーは2005年に実戦配備され、2009年には同じくイスラエル製のスカイラークを導入した。軍は2018年までに米国の高高度無人機グローバルホーク4機を導入する予定だ。
北朝鮮、なぜ無人機戦力を高めた?…北指導部、米ドローンに「恐怖」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP