주요 기사 바로가기

ロッテ百貨店社長、横領関与の疑惑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.02 16:31
0
ロッテホームショッピングの役員が横領した会社のお金のうち2億~3億ウォンがロッテ百貨店の申憲(シン・ホン)社長(60)に流れたとの端緒を検察がつかんで捜査中だ。

お金が流れた時期は申社長がロッテホームショッピング代表理事の時だった。2008年3月にホームショッピング代表理事になった彼は、2012年にロッテショッピングデパート事業部門代表理事社長に異動するまで在任していた。

ソウル中央地検の先端犯罪捜査1部(ソ・ヨンミン部長)は1日、2008年3月~2012年12月にいくつかのインテリア業者から工事費を膨らませた偽の税金計算書を発給された後に差額を引き出す手法で4億9000万ウォンを横領した容疑(業務上横領)でロッテホームショッピング放送本部長(50・常務級)を拘束した。

検察は、本部長が横領したお金の使い道の糾明のために本部長の口座を追跡していたところ、2億~3億ウォン余りが申社長に流れた形跡を発見した。申社長はロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン)会長の最側近として知られている。

納品業者からの裏金授受から始まったロッテホームショッピング捜査が、役員級を経て会社最高幹部層を狙っている。検察は上層部ラインに渡されたお金がさらにあるのか、申社長が横領を指示したり報告を受けたりしたかなどを明らかにするため、近く申社長を召還して取り調べる計画だ。

検察はこの日、本部長と共犯で6億5000万ウォンを着服した容疑(特定経済犯罪加重処罰法上横領)で顧客支援本部長(50)も共に拘束した。

検察は納品業者から便宜提供の代価として1億ウォン台の金品を受けた容疑(背任受財)でこの会社の元生活部門長(47)と元商品企画者(MD、44)を先月27日に拘束した。部門長は在職中だった2008年12月~2012年10月に5つの中小納品業者から編成時間・回数関連の便宜を提供してほしいという要請と共に9億ウォンをもらい着服した容疑だ。MDは2007年12月~2010年1月に納品業者1社でグレンジャー乗用車1台を含め計2億7000万ウォン余り相当の金品を受け取った容疑だ。検察は2012年12月に国内の6つのホームショッピング業者のうち4社の役員が納品業者から裏金を授受した容疑を確認、起訴した。ロッテホームショッピングは当時、処罰対象に含まれなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP