주요 기사 바로가기

韓国人の自殺パターンを分析してみると…(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.02 11:25
0
韓国の自殺率は世界最高水準だ。経済協力開発機構(OECD)平均の2.3倍に達する。人並みに暮らしているのになぜそうなるのか。保健福祉部が自殺実態調査を調査した結果を1日に出した。全国単位の大規模実態調査は今回が初めてだ。保健福祉部は自殺死亡者と自殺未遂者分析、遺書分析と遺族面談などの立体的方法を動員し実態を調査した。その結果、自ら命を絶った人たちの特性は、「男性・離婚・低学歴・低所得・精神疾患・飲酒に圧縮された。

保健福祉部はまず、1992~2011年の健康保険診療資料を活用し自殺死亡者8305人を分析した。男性が女性より2倍以上自殺率が高かった。年齢が高いほど、所得と学歴が低いほど自殺者が多かった。特に離婚・死別した人の自殺率はそうでない場合(既婚者)より高かった。男性は既婚者の2.1倍、女性は2.5倍に達する。忠清南道(チュンチョンナムド)の小都市に住んでいた50代の男性は、古物商を営みどうにか生計を維持していた。暮らし向きが良くないため妻と別居し、2012年に離婚してから1人で暮らした。そのうちに子どもとお金の問題で争った後、酒を飲んだ。彼はその日の夜に命を絶った。

今回の調査を担当したソウル大学医学部のアン・ヨンミン教授は、「男性が自殺を図る年齢は主に中壮年層だが、女性は若い層が多い。若い女性は対人関係などの衝動で自殺を考えるが、中壮年層は社会・経済的問題や病気のような重い荷物に押しつぶされ極端な選択をする」と説明した。

今回の調査では2007~2011年に自殺を図って救急室の世話になった8848人を追跡調査した。44%は飲酒状態で自殺を図った。1度図った人はまた同じことを起こす。2012年末基準で236人は世を去った。年間10万人当たり約700人が自殺しているが、これは一般人の自殺死亡率28.1人の25倍に相当する。忠清南道の80代の男性は4回にわたり自殺を図り、2012年結局死亡した。けがのためにまともに動けなくなった上、慢性疾患の苦しみに勝つことができなかった。自殺の2カ月前から農薬を飲んだり、たびたび「死にたい」と話していた。


韓国人の自殺パターンを分析してみると…(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国人の自殺パターンを分析してみると…(1)

    2014.04.02 11:25
    뉴스 메뉴 보기
    麻浦(マポ)大橋に設置されている自殺防止を呼びかける銅像。
    TOP