주요 기사 바로가기

青瓦台を近接撮影した北の無人機…「レーダーでは鳥と錯覚」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.02 10:01
0
2010年8月9日晩。ペクリョン島と延坪島(ヨンピョンド)付近で正体不明の無人航空機が発見された。北朝鮮が西海(ソヘ、黄海)北方限界線(NLL)で海岸砲100発を発射した直後だった。軍は当時、北朝鮮が海岸砲射撃直後に韓国軍の反応を確認するために無人航空機を飛ばしたと分析した。しかし北朝鮮の無人航空機の実物は確保できなかった。その3カ月後、北朝鮮は延坪島にロケット砲170余発を発射して挑発した。

当時と似た状況が先月31日にペクリョン島であった。北朝鮮が西海上で砲撃挑発を実施した直後、ペクリョン島上空を無人航空機が飛行した。墜落した無人航空機は北朝鮮の「バンヒョンII」を改造したものである可能性が高いと、専門家は分析している。軍当局も、砲撃直後の韓国軍の部隊配置と対応方式を確認するための北朝鮮の情報収集用偵察機と見ている。

韓国国防安保フォーラムのヤン・ウク研究委員は「ペクリョン島で墜落した航空機は北が中国の無人飛行機(D4)を導入して改造したバンヒョンIIを再改造したものとみられる」と説明した。

「バンヒョンII」は高度3キロ、最高時速162キロで飛行が可能という。有事の際、20-25キロの爆薬搭載が可能で、パラシュートを開いて地上に着陸するように開発された。ペクリョン島で墜落した無人航空機は長さ1.83メートル、幅2.457メートルで、「バンヒョンII」(長さ3.23メートル)より小さい。

軍当局は、先月24日に京畿道坡州で墜落し、調査が行われている無人航空機から「キヨンナルジャ(起用日)」という北朝鮮式の表記が発見されたことを受け、2つの航空機の関連性を調査している。坡州で墜落した無人機は長さ1.43メートル、幅1.92メートルで、ペクリョン島の無人航空機より小さい。爆弾を搭載することもできる。ペクリョン島に墜落した無人航空機に爆弾を搭載できるかどうかはまだ確認されていない。
青瓦台を近接撮影した北の無人機…「レーダーでは鳥と錯覚」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP