주요 기사 바로가기

サムスンが大規模な構造調整を断行…母胎企業「第一毛織」が歴史の中に消える(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.01 09:46
0
サムスンがグループ内の「サプライズ・ビッグディール(大規模事業構造調整)」を断行した。サムスンSDIと第一毛織を合併し、資産規模15兆ウォン、年間売り上げ10兆ウォン規模の巨大素材・部品企業を作ることにしたのだ。サムスンSDIは今回の合併を通じて売り上げ基準としてサムスン電子・サムスンディスプレイに次ぎ、グループ内電子系列会社のうち3位に入ることになった。

2つの会社は31日、それぞれ理事会を開いて1(サムスンSDI)対0.4425(第一毛織)の割合で合併することに決め、7月1日まで合併手続きを終えることにした。合併方式ではサムスンSDIが第一毛織を吸収した後、会社名で「サムスンSDI」をそのまま使うことにした。1954年、グループの母胎企業から出発した第一毛織が60年ぶりに歴史の中に消える破格的な決定を下したのだ。

サムスングループ関係者は「サムスンSDIと第一毛織の今回の合併発表は昨年下半期から進めてきたサムスングループ事業構造改革作業の延長線上にある」と話した。今回の合併も「一回きりのイベント」ではないということだ。

実際にサムスンは昨年10-12月期に第一毛織ファッション事業部をサムスン・エバーランドに移す一方、エバーランドから食材事業と建物管理事業をそれぞれ子会社であるサムスン・ウェルストーリーとセキュリティー業者エスワン所属に移す方式で1次的な事業構造調整をしたことがある。サムスンは今年にも系列会社別に「離散と集合式」構造改革に速度を出す方針だ。

まず、昨年末にエバーランドから物的分割された給食・食材業者サムスン・ウェルストーリーは上半期内にホテル新羅に吸収・統合される予定だ。また、サムスンはサムスン物産(建設部門)とサムスン・エンジニアリング・エバーランドなどに散らばっているグループ内の建設部門を合わせるなど系列会社構造改革も急いでいる。サムスン高位関係者は「サムスンが競争力がある事業にだけ専念することができるように時を再び組む『選択と集中』戦略下で進められる作業」としつつ、「今後2~3年間、このような方式の系列社業構造改革が続くだろう」と説明した。

この合併に対する市場反応も肯定的だ。特にサムスングループ電子系列会社はサムスン電子を大きい軸で「素材(第一毛織)―部品(サムスンSDI)―完成品(サムスン電子)」に続く垂直系列化を構築することになった。何よりサムスングループが新しい成長動力として育成中の2次電池と先端素材事業にも相乗効果を期待することができるようになった。
サムスンが大規模な構造調整を断行…母胎企業「第一毛織」が歴史の中に消える(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスンが大規模な構造調整を断行…母胎企業「第一毛織」が歴史の中に消える(1)

    2014.04.01 09:46
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン
    TOP