주요 기사 바로가기

GW期間の訪韓日本人観光客 30%減を予想

ⓒ 中央日報日本語版2014.03.31 16:56
0
日本最大連休の「ゴールデンウイーク」に韓国を訪問する日本人観光客の予約率が、昨年に比べ30%ほど減少したことが分かった。

韓国観光公社は日本主要旅行会社を中心に「ゴールデンウイーク」に訪韓する日本人観光客の予約率をモニタリングした結果、前年の70%水準だったと31日、明らかにした。公社は韓日間の政治的問題、円安による需要沈滞の長期化、週末と重なる連休などを予約率が減った理由と分析している。

公社は連休の直前にターゲットマーケティングを通じてさまざまな事業を展開し、日本人観光客が例年水準に回復するよう誘致マーケティング活動を強化することにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP