주요 기사 바로가기

「露がアジアに関心見せた今が韓国参加の好機」…露副知事

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.03.31 15:12
0
「ウクライナ事態によってロシアの関心が欧州からアジアに急激に移っている。今こそ韓国がロシアとガスパイプラインの議論を再開する適切な時期だ」。

韓露議員親善協会のロシア側代表を歴任したチェリャビンスク州のヤロスラン・カダロフ副知事(37)は29日、中央SUNDAYとのインタビューで「ここ数年ロシアは韓国との協力には率直に言って無関心だったが、今は韓国をどの地域よりも重視する状況になった」としてこのように話した。

李光宰(イ・グァンジェ)元江原道(カンウォンド)知事の主導で両国の元・現職議員や学者・企業家で作った「韓露未来フォーラム」の招きで訪韓した彼は、連邦上院議員をつとめた後、鉱物資源が豊富な重工業地帯チェリャビンスク州の副知事に在職中だ。議員時期に韓露議員親善協会を導きながら両国間のガス事業が必ず実現されなければならないという考えを持つようになったという。

カダロフ副知事は「今年に入って欧州連合(EU)諸国がウクライナ事態を理由にロシア産ガス輸入を減らそうとしている」として「ロシアでは韓国などアジア市場にガス供給を増やしてリスクを分散させなければならない状況」と話した。さらに「李明博(イ・ミョンバク)政権で最悪に陥った韓露関係の改善のためにもパイプラインは必ずつなげるべきだ。ロシア政府と企業はこの事業をとても真剣に検討している」と述べた。

彼は「パイプライン経由国の横暴に困難を強いられたロシアの経験に照らせば韓露間にパイプラインがすぐに連結されるオプションが最善だが、東海(トンヘ、日本名・日本海)に敷設するには費用があまりにも高くて実現の可能性がない」と話した。さらに「次善策として北朝鮮や中国を経る方法を推進すべきだ」と主張した。

ただし中国を経由して持ってくる方法については「韓国が中国に対し、陰に陽に従属する結果を招くことになる。中国が突然輸送料を上げる憂慮も排除できない。このようなリスクへの対応策を用意して事業を推進しなければならないだろう」と助言した。また「北朝鮮を経由する方法もやはりリスクは同じだ」としつつも「南北関係が改善されて韓国・北朝鮮とロシア間の3国協力が強化される効果を考えれば、やってみるだけの価値は充分だ」と付け加えた。

「米国と欧州がウクライナ事態に対応して開始したロシア制裁に韓国が参加する場合、両国間のガス事業は難しくならないか」という質問には、固い表情で「韓国が二重定規を適用すべきではない」と強調した。彼は「ウクライナ事態の本質は、クリミア半島の住民たちがウクライナ政府の弾圧に反発して自発的にロシアと一緒になったこと」と述べた。

また「韓国が西側の不当な制裁に参加するならば非常に遺憾なことだ」としながら「むしろ韓国はロシアの関心がアジアに戻ってきた状況を活用してエネルギーをはじめとするさまざまな分野で実益を取るべきだ」と主張した。

(中央SUNDAY第368号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP