주요 기사 바로가기

「ドイツ、過去反省して欧州統合」…メルケル首相、日本の歴史歪曲を間接的批判(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.28 10:50
0
メルケル首相は「統一の準備」の重要性について助言した。「(統一すれば)違う生活をしてきた人たちに会い、その人たちに開放的な姿勢をとらなければいけない。経済的に多くの準備をすれば統一は容易になると考える」と述べた。また「韓国で統一の念願が強いと聞いた」とし「そのための心の準備も必要だ」と強調した。

両首脳は日本の歴史歪曲問題についても共感した。朴大統領は会談後の夕食会で、「ドイツは徹底的に過去の歴史を認めて反省し、領域内の周辺国の信頼を確保し、これを基礎に統一を実現しただけでなく、欧州連合(EU)核心国に浮上した」とし「こうしたドイツの努力は、北東アジア平和協力の秩序をともに作っていくべき北東アジア3カ国(韓日中)すべてに亀鑑になっている」と評価した。

これに対しメルケル首相は「過去に過ちを犯したドイツが他国にどうこうという立場ではないが、勇気ある行動を通じて過去の歴史を清算できる。前を見て未来を構想しなければいけない」とし「欧州統合が可能だったのは過去の歴史を清算したため」と答えた。これに関し、日本の安倍政権の誤った歴史認識をう回的に批判したのではないかという解釈が出てきた。

両首脳は2000年10月、ハンナラ党議員とキリスト教民主同盟党首としてドイツで初めて会った。今回の会談は2人の5度目の会談であり、朴大統領の就任後では昨年のロシアでのG20(主要20カ国・地域)首脳会議当時に続いて2度目となる。同じ理工系出身の女性政治家という共通点もある。

◆「ヒドゥンチャンピオン」養成経験も共有=韓独首脳会談では、貿易・投資拡大をはじめとする経済分野の実質的な協力も強化することで合意した。

両首脳は▼韓国・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)恩恵の均衡的拡散に向けた努力▼投資拡大▼中小企業協力フレーム構築および中小企業間交流・協力の場の準備▼ドイツ「仕事・学習並行制」の韓国定着に向けた職業教育訓練分野の協力--などに合意した。

特に、韓国の中小企業がドイツの「ヒドゥンチャンピオン(規模は小さいが競争力を基礎に市場を支配する優良中小企業)」から学べるよう、両国中小企業間の交流・協力を強化することにした。

グローバルヒドゥンチャンピオンは世界に2700余りあり、その半分がドイツ企業。これら企業は欧州財政危機当時、ドイツ経済を安定させる役割をしたという評価を受けている。
「ドイツ、過去反省して欧州統合」…メルケル首相、日本の歴史歪曲を間接的批判(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP