주요 기사 바로가기

青瓦台を撮影した無人航空機が山で発見…「国家安保に問題」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.27 10:57
0
京畿道坡州(キョンギド・パジュ)市の山でデジタルカメラが装着された無人航空機が墜落しているところが見つかり、軍当局が調査している。カメラには飛行禁止区域である青瓦台(チョンワデ、大統領府)とあわせてソウル市上空の様子が撮影され、国家主要施設の保安体制に弱点が現れているという指摘が出ている。

26日、軍と警察によると、今月24日午前10時ごろ、坡州市奉日川(ポンイルチョン)に位置する山の木の枝に落下傘が付けられた無人航空機がひっかかっているところを登山客が発見した。無人機は無線で操縦するもので、縦1メートル横2メートルの大きさだった。軍と警察は本体やカメラなどを回収した。カメラには日中の旧把撥(クパバル)などソウル市郊外周辺の様子が撮影されていた。また遠くから撮られてかすんで見える青瓦台や景福宮(キョンボックン)の姿も含まれている。

軍と警察は無人航空機が特定地域を集中撮影せず、飛行動線に沿って撮影している点、ナビゲーション地図を製作する際には主に無人航空機を使うという専門家の言葉、カメラに撮られた写真の画質が落ちる点などから推測してひとまず北朝鮮とは関連性はないものと見ている。

ひとまずナビゲーションサービス会社を対象に無人航空機の所有主を探している。

だが、専門家は「登山客が発見して申告するまで無人航空機が青瓦台を撮影していたことを誰も把握していなかったというのは問題」とし、「国家の主要施設の航空保安体系を再点検しなければならない」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP