주요 기사 바로가기

韓日米、6カ国協議カードで北朝鮮に核放棄促す(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.27 08:57
0
韓日米首脳が25日午後、オランダのハーグで会談を行ない、完全かつ検証可能な北朝鮮の非核化を完成するため緊密に協調していくことで一致した。朴槿恵(パク・クネ)大統領は、「韓日米と国際社会が北朝鮮の核不容の確固とした原則を堅持する中で団結し、調整された対応をしていくことが重要だ。北朝鮮が核を放棄するためには北朝鮮の核不容に対する強力な国際的コンセンサスを基礎に北朝鮮が核保有に対する戦略的計算を変えるようにする必要がある」と述べた。

オバマ米大統領も、「北朝鮮の核とミサイル能力の量的・質的向上、北朝鮮の安保挑戦など無謀な行動を見逃すことはできない状況で、北朝鮮の悪い行動を抑制するのに3国間の協力が過去に比べさらに重要になっている。緊密な共助を通じ北朝鮮が3カ国を引き離すことはできないという点を認識するようにしなければならない」と強調した。日本の安倍晋三首相も「北朝鮮の不可測性がさらに深刻化している状況で北朝鮮の核開発と経済発展並進路線は不可能だということを認識させるなど3カ国間の協力がさらに重要になっている」と加勢した。

「北朝鮮の核不容」に確固とした意見を集めた3首脳は「6カ国協議」のカードを切り出した。彼らは6カ国協議が推進されなければならないという認識で一致し、近く韓日米6カ国協議首席代表会議を開くことにした。6カ国協議は2008年12月に中国・北京で開かれたのを最後に中断されている。3首脳は北朝鮮の核放棄を促し、北朝鮮を説得する過程で中国の役割が必要だという点も共有した。
韓日米、6カ国協議カードで北朝鮮に檊放棄促す(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP