주요 기사 바로가기

韓米首脳が握手した瞬間…北、ノドン2発発射(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.27 08:54
0
韓日米首脳が26日未明(韓国時間)、オランダ・ハーグで会談し、北朝鮮の非核化に向けた韓日米6カ国協議首席代表会議の早期開催を推進することにした。また「北が核兵器とウラン濃縮プログラムを含む、すべての現存する核プログラムを、完全かつ検証可能で、不可逆的な方法で放棄することを促そう」という意見で一致したと、青瓦台(チョンワデ、大統領府)が伝えた。

しかし北朝鮮は韓日米首脳会談場で朴槿恵(パク・クネ)大統領がオバマ米大統領と握手をした26日午前2時35分、平壌(ピョンヤン)北側の粛川から東海(トンヘ、日本名・日本海)側にノドンミサイルを発射した。

キム・ミンソク国防部報道官は午前、緊急記者会見を開き、「北が今日午前2時35分と2時42分に、平壌北側の粛川一帯から東海上に弾道ミサイルを1発ずつ計2発を発射した」とし「この発射体は650キロほど飛行し、ノドン系列の弾道ミサイルと推定される」と明らかにした。続いて「今回の北の弾道ミサイル発射は明確に国連安保理決議を違反するものであり、大韓民国と国際社会に対する厳重な挑発」と非難した。北朝鮮がノドンを発射したのは2006年7月5日、2009年7月4日に続いて3度目。

朴大統領、オバマ大統領、安倍晋三首相はこの日の会談で、北核など北朝鮮問題の解決のための3カ国の緊密な協調の必要性を確認した。6カ国協議の再開に関し、「対話のための対話ではなく、北の非核化に向けた実質的な進展となる条件のもとで6カ国協議が進められるべき」という意見をまとめ、協議を継続していくことにした。また「中国が対北説得過程で建設的な役割をしていけるよう中国の協力を確保することが重要だ」という点にも一致した。

オバマ大統領は会談で「北朝鮮の核とミサイル能力の量的・質的な深化、北の安保挑戦など無謀な行動を看過できない状況で、北の悪い行動を抑制するうえで3カ国間の協力が過去に比べてよりいっそう重要になっている」と強調した。

オバマ大統領は北核解決と3カ国間の安保協力のため、韓日米6カ国協議首席代表会議とともに、韓日米防衛実務者協議(DTT)の必要性を提起した。韓日米防衛実務者協議は3カ国国防次官補級を首席代表とする国防・外交当局者間の安保協議体。2008年以降5回開かれている。
韓米首脳が握手した瞬間…北、ノドン2発発射(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP