주요 기사 바로가기

<サッカー>日本・豪州、アジアカップで韓国だけは避けたい?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.03.26 11:48
0
「韓国だけは避けたい」。

AFP通信は25日(日本時間)、2015豪州アジアカップの組み合わせ抽選を控え、日本と豪州が“アジアの強豪”韓国を避けることを望んでいる、と伝えた。

韓国はトップシードから外れた。トップシードは豪州・イラン・日本・ウズベキスタン。2011年カタール大会までは開催国と本大会自動出場国の3チーム(前大会1-3位チーム)がトップシードを受けた。2015年豪州大会からは開催国と国際サッカー連盟(FIFA)ランキング上位3チームがポット1に入る。

 
韓国はFIFAランキング60位(3月基準)。トップシードのイラン(42位)、日本(48位)、ウズベキスタン(55位)より低い。豪州(63位)は開催国資格でトップシードを受けた。韓国とともにポット2に入ったチームはアラブ首長国連邦(61位)、ヨルダン(66位)、サウジアラビア(75位)。

AFPは「8回大会連続ワールドカップ(W杯)出場の韓国はトップシード4チームのうち1チームと同じ組に属することになり、厄介な存在になった」と分析した。

豪州代表のポステコグルー監督は「とにかくW杯に焦点を合わせている」とし「どのチームと同じ組になるかについては何も期待していない。ホームで開催されるだけに良い試合をしたい」と述べた。

日本でも韓国・北朝鮮など強豪と同じ組に入る可能性があるという懸念の声が出ている。しかし日本サッカー協会の原博実専務理事は「厳しいグループでやることが大事」と“死の組”を歓迎した。2015豪州アジアカップの組み合わせ抽選は26日、シドニー・オペラハウスで開かれる。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP