주요 기사 바로가기

『アベンジャーズ2』撮影に漢江の橋“太っ腹”貸出…広報効果vs市民不便=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.26 13:29
0
西暦20××年。韓国人女性科学者がセビッドゥンドゥン島で新技術を開発する。これを奪い取ろうとする悪党たちがソウルを訪れ、ヒーローたちは彼らと対決する。ソウルで撮影されるハリウッドブロックバスター映画『アベンジャーズ2』のあらすじだ。

「麻浦(マポ)大橋進入規制。映画撮影予定。3/30日曜日。06:00~17:30」

25日10時。麻浦大橋をはじめとするソウル市内各地に赤い文字で書かれた案内文が掲示された。『アベンジャーズ2』が撮影される今月30日から交通が規制されるという予告だった。同じ時刻。来月13日に撮影が予定される九老区文来洞(クログ・ムンレドン)の鉄工所通りは早朝から慌ただしかった。映画会社関係者らが鉄工所をひとつづつ訪ね歩き撮影許可のサインをもらった。1970年代の開発時代の風景を残しているこの周辺は最近20代の若者たちが多く訪れているスポットだ。金型製作所で働くチョン・ビョンイクさんは、「海外でも有名な俳優が出演する映画なので協力するべきだが、見物しようとする若者たちが押し寄せ安全問題が起きないかという心配もある」と話した。

ソウル市が25日に『アベンジャーズ2』の撮影日程に合わせた交通規制計画を出した。朝夕の通勤ラッシュ時間と週末にも撮影が予定され、大規模な交通混雑は避けられないものとみられる。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などでは「市民の不便」と「広報効果」を掲げ双方が対立している格好だ。

最も議論になっているのは麻浦大橋の全面規制だ。映画撮影を理由に漢江(ハンガン)の南北をつなぐ橋が全面規制されるのは今回が初めてだ。1900年7月に漢江鉄橋が開通してからこれまで一度も撮影だけでなくイベントを目的に橋全体を貸し出したことはなかった。交通混雑を引き起こす上に漢江の橋は国が管理する重要施設であるためだ。88年のソウル五輪をはじめとする国家的規模の行事でも10時間以上漢江の橋を全面規制することはなかった。ソウル市が主催する国際マラソンの場合、最大3車線を閉鎖し競技を進行する。

漢江の橋のひとつをハリウッドに貸す“太っ腹な”決定であるだけに議論も伴う。一部ではハリウッド映画制作のために市民が不便を甘受するほどの価値があるのかという批判が出ている。橋とビルをたたき壊すアクション映画であるだけにソウルのイメージを高めるのに特別な効果はないという指摘もある。ある映画制作者は「ハリウッド映画1本作るのに首相をはじめ国全体が乗り出すのは文字通り“オーバー”だ」と指摘した。2010年基準で麻浦大橋の1日当たり車両通行量は12万5000台余り。週末に撮影するという点を考慮しても数万台の車両が麻浦大橋の代わりに別の道に迂回しなければならない。
『アベンジャーズ2』撮影に漢江の橋“太っ腹”�出…広報効果vs市民不便=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    『アベンジャーズ2』撮影に漢江の橋“太っ腹”貸出…広報効果vs市民不便=韓国(1)

    2014.03.26 13:29
    뉴스 메뉴 보기
    映画『アベンジャーズ』のポスター。
    TOP