주요 기사 바로가기

BMW防弾車にオランダ国王との昼食会…朴大統領に特級儀典

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.25 11:39
0
24日にオランダ・ハーグで始まった核安全保障サミットに出席中の朴槿恵(パク・クネ)大統領が厚遇を受けている。議長国のオランダ政府は今回の行事に参加する53カ国首脳と4つの国際機関のトップのうち、韓国をはじめとする6カ国にのみ防弾車を提供した。朴大統領に提供された車は銃弾を防ぐ特殊装置が付いたBMW M7だ。

李基哲(イ・ギチョル)駐オランダ大使は「オランダが韓国をどれほど重視しているか分かる」と述べた。李大使によると、防弾車が提供されたのは米国・イスラエルなどテロの危険が大きい国、韓国のようにオランダが格別の待遇をする国という。閔庚旭(ミン・ギョンウク)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官は 韓国もテロの危険が大きい国と見なしたのではないかという指摘に対し、「事実でない。善意で配慮し、提供したと判断すればよいだろう」と述べた。

朴大統領はマルク・ルッテ・オランダ首相が主宰する昼食会(25日)とは別に、ウィレム・アレクサンダー・オランダ国王が主宰する24日の単独昼食会と夕食会にも招待された。李大使は「オランダ国王が昼食・夕食会ともに提供した国は韓国と中国だけ」と説明した。この日の昼食会には、2002年の韓日ワールドカップ(W杯)当時にサッカー韓国代表監督として「4強神話」を築いたフース・ヒディンク氏、オランダのPSVアイントホーフェンでプレーしている朴智星(パク・チソン)選手も招待された。ヒディンク元監督はオランダ人。

大韓民国の大統領では初めてオランダを訪問して行う両国首脳会談で、朴大統領は「オランダは運送と物流、金融サービスの分野に強く、韓国は製造業と情報通信分野が発達しているので、両国の経済協力は大きなシナジー効果を発揮することができる」と強調した。

ルッテ首相は「(2012年ソウル核安全保障サミットの成功に続いて)今回の会議も成功することを望む」とし「オランダは常に韓国の成功に敬意を抱いている」と述べた。

朴大統領は北東アジアのオイルハブ構築事業にオランダ企業の参加を要請し、オランダ側はセマングム・4大河川事業などの経験に基づく第3国共同進出を提案した。両国は農業、脳研究、研究用原子炉、エネルギー分野でも協力を強化することにした。

今年で修交53周年を迎えた韓国とオランダの縁は朝鮮時代にさかのぼる。1627年に済州島にオランダ人では初めて船員ウェルテフレーの一行が漂流した。朝鮮朝廷はウェルテフレーにパク・ヨンという名前を付けて韓国人女性と結婚させた。

1653年にはハメルらオランダ人38人が日本に向かう途中、済州島に漂流した。ハメルは帰国後、『ハメル漂流記』を出し、この本は当時の西欧社会に朝鮮を知らせるきっかけとなった。

オランダは韓国戦争(朝鮮戦争)当時、5322人を派兵し、韓国を支援した。ハーグは大韓帝国の恨が染みついたところでもある。高宗(コジョン)は1907年、ハーグで開かれた第2回万国平和会議に乙巳勒約(第2次韓日協約)の無効を知らせるために李相ソル(イ・サンソル)、李儁(イ・ジュン)、李ウィ種(イ・ウィジョン)の3人の密使を派遣したが、日本の妨害で会議にさえ出席できなかった。李儁烈士は怒りを抑えられず現地で自決した。

朴大統領は2011年、修交50周年に大統領の特使としてオランダを訪問し、李儁烈士記念館を訪れた。当時、芳名録に「国を救うために努力され、殉国された烈士、私たち子孫が烈士の愛国心に恥じないよう、誇らしい大韓民国を作ります」と書いた。

韓国の高まった位置づけはオランダの教科書にも反映されている。韓国を「漁業が中心の貧困国」と習っていた生徒が、最近では「高度な産業国の豊かな国で、最先端スマートフォンや自動車を海外に輸出する国」と学んでいる。この日、核安全保障サミット場の1・2階に設置された大型平面テレビ74台はすべてサムスン・LG製品だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BMW防弾車にオランダ国王との昼食会…朴大統領に特級儀典

    2014.03.25 11:39
    뉴스 메뉴 보기
    朴大統領にオランダが提供したBMW M7防弾車。ナンバープレートには太極旗とともに「KR-01」と書かれている。(写真=青瓦台写真記者団)
    TOP