주요 기사 바로가기

有料アプリの大市場求め韓国の若手事業家が日本にジャンプ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.25 10:43
0
10日に韓国の小規模ベンチャー企業のウィザードワークスがメモ帳アプリケーションの「ソムノート」で“記録の国”日本の有料コンテンツ市場に進出した。クラウドメモアプリのソムノートが日本2位の通信会社KDDIのアプリケーションストアのauスマートパスに入店したのだ。auスマートパスはKDDIが選別した有料アプリ900種類余りを会員800万人が月利用料372円を払い使うものだ。通信会社がアプリの品質を保障するため、検証されたサービスが好きな日本の消費者にauスマートパスの人気は高いが、それだけ入店条件が厳しいことで有名だ。ウィザードワークスのピョ・チョルミン代表は、「昨年夏に入店が決定した後も6カ月以上にわたりサービスの細部事項を細かく検査された。誤字脱字がひとつ発見されただけでも『1カ月間サービスを再点検せよ』という徹底ぶりに舌を巻いた」と話した。ソムノートは入店10日で全900個のアプリのうち240位圏に上がり可能性を見せている。

韓国で成功を収めたITベンチャーが日本行きの飛行機に乗っている。日本のグーグルプレイやアップルのアプリケーションストアを通じて日本語で無料アプリを出す水準ではない。現地の通信会社と広告主、コンテンツ企業などと積極的に組んで商品を開発する。必要なら日本に海外法人を設立したりもする。

カップルだけでメッセージをやりとりできる閉鎖型ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「ビトウィーン」を開発したVCNCは2年前から日本進出を準備した。私生活を重視する日本文化とビトウィーンがぴったりと判断した。創業2年目の昨年4月には果敢に現地法人を設立した。20代の日本人を法人長として迎え入れた。パク・ジェウク代表は、「今年からは現地の広告主らと広告チャンネル契約を拡大しeコマース事業を始めるだろう」と話した。

動物のキャラクターがアラームを鳴らすアプリ「アラームモン」を作るマランスタジオも1カ月前に日本のアプリケーションストアに進出した。発売直後にライフスタイル部門1位となり、ケロロやハローキティのキャラクターで日本人を毎朝起こしている。この会社は昨年中国3位の携帯電話メーカーの小米科技、1億人基盤のアプリケーションマーケットを持つポータルの百度と組んで中国市場に成功裏に進出している。だが、同社のキム・ヨンホ代表は、“キャラクター天国”の日本に目を向けた。キム代表は「日本では40~60代のおばさんたちも好きなキャラクターにはお金を惜しまず使う。年齢と性別による好みに合わせたキャラクターを開発する計画だ」と話した。
有料アプリの大市場求め韓国の若手事業家が日本にジャンプ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    有料アプリの大市場求め韓国の若手事業家が日本にジャンプ(1)

    2014.03.25 10:43
    뉴스 메뉴 보기
    有料アプリの大市場求め韓国の若手事業家が日本に進出している。
    TOP