주요 기사 바로가기

韓日関係悪化の中、韓国ドラマ輸出減少で株価も下落

ⓒ 中央日報日本語版2014.03.20 15:30
0
日本地上波放送局が韓国ドラマ編成を中断し、韓国ドラマ流通会社の株価が値下がりしている。

韓国サムスン証券の研究員は「日本5大地上波放送局(NHK、TBS、テレビ朝日、日本テレビ、フジテレビ)は今年、2010年以降初めて韓国ドラマを編成しなかった」とし「海外売上高のうち日本が70%の比率を占めていたため、今年は売上高全体の減少が予想される」と分析した。

一方、サムスン証券は19日、日本市場での売上比率が比較的大きいSBS(ソウル放送)コンテンツハブの目標株価を2万1000ウォンから1万9000ウォンに引き下げた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP