주요 기사 바로가기

ロシア軍がクリミア攻撃…ウクライナ軍将校が死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.19 10:58
0
プーチン露大統領がウクライナ・クリミア半島のロシア併合手続きを強行した。

プーチン大統領は18日午後(現地時間)、上下両院で、アクショノフ・クリミア自治共和国首相とともに、クリミア共和国とセバストポリ特別市をロシア連邦に編入する協定に署名した。協定はロシア憲法裁の承認を経て、早ければ今週中に議会の批准で公式発効する。

プーチン大統領は署名前に行った議会演説で、「クリミア半島は歴史的にロシアと切り離せない一部として残っていた」とし「クリミア人が自らの権利を主張するのは正当で合法だ」と述べた。特に、併合法案がクリミア自治共和国の住民投票結果に基づくものだという点を強調した。西側の制裁に対しては「ロシアを脅かしている」と批判し、「報復する」と宣言した。

プーチン大統領の演説後、英国はロシアとの合同訓練や武器輸出など軍事交流を取り消した。オバマ米大統領はG7(G8からロシア除外)と欧州連合の首脳に対し、来週オランダで開催される核安全保障サミットでウクライナ問題を議論することを提案した。

この日、クリミア半島では軍事衝突もあった。ウクライナ軍の報道官は「ロシア軍がシンフェロポリの軍事基地を奇襲攻撃し、将校1人が銃撃で死亡した」と伝えた。ウクライナのヤツェニュク首相は「ロシアが戦争犯罪を犯した」と非難した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ロシア軍がクリミア攻撃…ウクライナ軍将校が死亡

    2014.03.19 10:58
    뉴스 메뉴 보기
    プーチン露大統領
    TOP