주요 기사 바로가기

北朝鮮・日本関係、急進展か…局長級協議の再開有無に注目

ⓒ 中央日報日本語版2014.03.18 10:47
0
北朝鮮と日本が19、20日に中国の瀋陽で赤十字実務者協議と外務省課長級非公式協議を開催する。

今回の会談で、双方の首席代表である李浩林(リ・ホリム)朝鮮赤十字会書記長と田坂治・日本赤十字社国際部長は、北朝鮮内の日本人遺骨返還問題を主な議題として扱う。

ただし同席する北朝鮮の劉成日(ユ・ソンイル)外務省日本課長と日本の小野啓一・外務省北東アジア課長間の非公式協議がさらに注目されている。今回の協議を機に、2012年11月以降中断されている北朝鮮と日本の外務省局長級の公式協議の再開日程について大筋の合意をなす展望が出てきているためだ。双方の外務省課長は、日本が北朝鮮に要求してきた拉致問題の再調査と、北朝鮮が日本に望んでいる対北朝鮮制裁の緩和などをめぐって意見を交換する見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP