주요 기사 바로가기

【コラム】朴槿恵の統一準備、「1盧3金」に答えある(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.12 13:41
0
大韓民国は世界唯一の分断国だ。強制された分離体制の暴力性は、輝かしい経済的な成就にもかかわらず、意識の深いところに諦念と冷笑、自虐を刻んでいる。創造と想像の欲望が去勢された地点には、分断と冷戦の一卵性双生児である敵対的イデオロギーの影がちらつく。多元的価値を出産しようという些細な逸脱も不穏とタブーという名で捕縛される。果てしない陣営論理、極端主義が理性と合理を圧倒する。政治・軍事的レベルを超えた文化・心理的分断の日常化・内面化が残した傷あとだ。非正常が来年にはすでに70年目となる。こうしたさく裂しそうな緊張を抱えながらも、真の成年の敷居を越えることができる共同体は世の中にない。

朴槿恵(パク・クネ)大統領が大統領直属の統一準備委員会を設置すると述べた。もう統一は経済と肩を並べる国家的アジェンダに格上げされた。選択と集中の方向を力強く見せる巨視的な布石だ。この機構は新しい時代と国際関係の流れに合う統一案を準備することになる。果たして過酷な歴史と運命の水車を逆に回して「統一大チャンス」の礎石を築けるだろうか。朴大統領は25年前の「1盧3金」のモデルを研究する必要がある。

盧泰愚(ノ・テウ)元大統領は1989年9月11日、韓民族共同体統一案を発表した。韓半島(朝鮮半島)に2国家体制が共存するという現実を認め、一つの民族共同体を復元するために南北が平和に努力しようと述べた。統一の原則として自主・平和・民主を提示し、統一国家の未来像としては自由・人権・幸福が保障される民主国家を提示した。3年前の国是発言波紋を考えれば夢のようなことだ。

新民党のユ・ソンファン議員は全斗煥(チョン・ドゥファン)政権時代の1986年10月14日、国会の対政府質問で「我が国の国是は反共でなく統一になるべきだ」と述べた。2日後、逮捕同意案が通過し、ユ議員は拘束された。現役議員が会期中に院内の発言で拘束された最初の事件を取材しながら感じた野蛮な狂気はまだ鮮明に覚えている。このように対決だけが「善」だった世の中で南北の共存を政府の立場として整理したとすれば、天地開闢レベルの大反転ではないのか。

第13代国会は1988年、野党・民主党のパク・グァンヨン議員を委員長とする統一政策特別委を設置し、進歩と保守を網羅する全国民的な意見をまとめる過程をたどった。結果は盧泰愚政権に伝えられた。政府は与党・民主正義党の尹吉重(ユン・ギルジュン)代表のほか、平和民主党の金大中(キム・デジュン)、民主党の金泳三(キム・ヨンサム)、民主共和党の金鍾泌(キム・ジョンピル)総裁ら野党総裁の意見を忠実に反映した。李洪九(イ・ホング)国土統一院長官が脱冷戦の流れを盛り込んだ統一案の産婆だった。後に金泳三政権で首相を務めた彼は、電話1本ですぐに会えるほど3人の総裁から信頼を受けた。特に金大中総裁は毎回、細かくメモした内容を李長官に説明し、これは忠実に反映された。大統領が「3人の総裁の言葉を聞いて作ってほしい」と李長官に全権を与えたために可能だった。


【コラム】朴槿恵の統一準備、「1盧3金」に答えある(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP