주요 기사 바로가기

謎深まるマレーシア機失踪ミステリー…拉致後に着陸?空中分解?ジャングルに墜落?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.12 10:28
0
239人を乗せて消えたマレーシア航空機の行方は4日目になっても迷宮のままだ。人々が旅客機失踪を扱った米国ドラマ『ロスト』や、バミューダトライアングルを取り上げるなど科学の領域を抜け出した想像力を発揮する状況になった。ある航空会社のパイロットは、「27年にわたり飛行機を操縦してきたが、あれほど大きな機体があっという間にレーダーから消え残骸さえ見つからないというのは本当に信じ難いことだ」と話した。

世界のメディアはいくつかの事実に基づき各種の可能性を提起している。まずテロだ。「中国烈士旅団」と自称した団体はテロが自分たちの仕業だと電子メールを通じ主張した。テロ集団が機内のすべての無線通信を遮断し某所に着陸させたという仮説も提起された。

米インターナショナルビジネスタイムズは事故後に一部搭乗客の家族が搭乗客の携帯電話で通話を試みたが、呼び出し音が数回鳴って切れたと報道した。該当の電話番号は調査当局に渡された。

だが、専門家らはこうした可能性を非常に低く見ている。管制当局と軍などでレーダー網を稼動し飛行機を追跡していたはずだが、ステルス機能のない民間航空機がこうした追跡を抜け出すのはかなり難しいというのが理由だ。また、大型旅客機が着陸するには非常に長い滑走路など施設が必要で、各国政府の監視網を抜けて潜伏することはほとんど不可能な状況だ。

2番目の仮設は爆発などによる空中分解だ。旅客機が一瞬でレーダー網から消えた点がこの可能性を後押しする。ロイター通信は事故推定地点周辺からなかなか残骸が出てこないことについて、3万5000フィート(1万668メートル)程度の高空で機体が分解し破片がとても広い地域に散らばった可能性を関係者の話として提起した。これに対し豪クイーンズランド大学のマイケル・スマート教授(航空工学)は、「極めて珍しいケースになるだろうが、空気力学的問題が生じて翼が分離し機体に減圧が起きれば翼と機体が分解されることもある」とAP通信に話した。
謎深まるマレーシア機失踪ミステリー…拉致後に着陸?空中分解?ジャングルに墜落?(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP