주요 기사 바로가기

バーバリー、韓国企業を相手にまたチェック柄訴訟

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.11 13:54
0
英国ブランドのバーバリーが昨年のDAKSに続き、今度は下着メーカーのサンバンウルを相手取り「チェック柄」訴訟を起こした。

バーバリーはインターネットショッピングモールなどで販売するサンバンウルの「トライ」下着製品が自社の「チェック柄」を盗用したと判断し、商標権侵害禁止訴訟を起こすことにした。

バーバリー側は「1月9日に各種インターネットショッピングモールで問題のTRY製品が見つかり、何度か販売中止を要請したが、サンバンウル側はいかなる措置も取らなかった」と主張した。

バーバリーは今回の訴訟で、サンバンウル側に該当製品の製造・販売禁止とともに、1億ウォン(約970万円)の損害賠償を請求する計画だ。これに対しサンバンウル側は「バーバリーに回答した。訴状を受けてからに議論する計画」と述べた。

今回の訴訟が進行すれば、2002年にバーバリーが韓国に進出して以来、企業相手の訴訟だけで10件余りとなる。年に1回ずつ訴訟を起こしているということだ。これに先立ち昨年バーバリーはLGファッションを相手取りチェック柄無断盗用訴訟を起こした。LGファッションとの法廷争いは裁判所の強制調停で一段落した。

2006年には第一毛織「ビンポール」とセジョン、クァンウォンアパレルを相手取り、チェック柄盗用に関して訴訟を起こしたが、敗訴した。一方、2008年の毎日乳業の児童服ブランド「0to7」との訴訟では勝訴した。2009年には忠清南道天安のバーバリーカラオケ事業主を相手に勝訴したが、地方のカラオケまで訴訟の対象とするのはバーバリーの名声を自ら失墜させると非難を受けた。

バーバリー側は知的財産権を守るために訴訟を進めたという立場だが、国内ファッション業界の専門家は「チェック柄は最も一般的な形態の図案だが、バーバリーが国内企業を委縮させるために無差別的に訴訟を起こしている」と批判した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    バーバリー、韓国企業を相手にまたチェック柄訴訟

    2014.03.11 13:54
    뉴스 메뉴 보기
    英国ブランドのバーバリーが韓国企業を相手取り「チェック柄」戦争をしている。写真はチェック柄が入ったバーバリーのバッグ。(写真=ISフォト)
    TOP