주요 기사 바로가기

韓国国防部「北の放射砲発射時、中国民航機飛行…非常に危険だった」

ⓒ 中央日報日本語版2014.03.05 16:50
0
北朝鮮が4日に放射砲を発射した当時、中国の民間航空機が付近を通り過ぎる危険な状況が発生していたと5日確認された。

金民錫(キム・ミンソク)国防部報道官はこの日午後の記者会見で「北朝鮮が午後4時17分に第1次放射砲を発射した直後の4時24分、日本の成田空港から中国の瀋陽へ向かう中国の民航機(南方航空所属のCZ628)が放射砲弾の飛行軌跡を通過するという非常に危険な状況が発生していた」と明らかにした。中国の民航機には乗客と乗務員220人余りが搭乗しており、北朝鮮は放射砲発射当時に航行禁止区域宣言をしなかったことが明らかになった。

金報道官は「北朝鮮は、国連安保理決議案に違反して民航機の安全を威嚇する反復的な挑発を中断し、国際規範を遵守することを促す」と強調した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP