주요 기사 바로가기

独立活動家・朴尚鎮義士の遺物450点寄贈=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.05 16:28
0
抗日独立活動家、固軒・朴尚鎮(パク・サンジン)義士(1884-1921)のひ孫パク・チュンフンさん(60)が朴義士の遺物を蔚山博物館に寄贈した。

朴義士が使った茶碗、箸とスプーン、知人から受けた手紙、独立運動資金を集めるために運営した会社の領収書など450点だ。

朴尚鎮義士は大韓光復会の総司令官を務めた蔚山の独立活動家。1912年に大邱に総合商社の尚徳泰商会を設立、独立軍資金を準備し、情報を収集した。3年後に大韓光復会を組織し、独立運動を行って捕まり、21年に大邱刑務所で殉国した。

パクさんが寄贈した遺物には尚徳泰商会と日本の三井物産がやり取りした請求書が含まれている。このほか、朴義士が知人から受けた手紙、朴義士の父の文科及第敎旨など密陽朴氏門中が保管していた遺物が蔚山博物館に寄贈された。

遺物を寄贈したパクさんは「尚徳泰商会が独立運動資金を確保したという証拠が今回寄贈した請求書。個人より国が所蔵するのがよいと考え、遺物を寄贈することになった」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    独立活動家・朴尚鎮義士の遺物450点寄贈=韓国

    2014.03.05 16:28
    뉴스 메뉴 보기
    パク・チュンフンさん
    TOP