주요 기사 바로가기

<サッカー>朴主永、ブラジルW杯に合流?…運命のギリシャ戦(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.05 11:22
0
妙なデジャビュ(既視感)だ。朴主永(パク・ジュヨン、29、ワトフォード)と洪明甫(ホン・ミョンボ、45)の特別な同行がまた始まっている。2012ロンドンオリンピック(五輪)が思い浮かぶ。

3日午後(現地時間)、ギリシャ・アテネのパニオニアススタジアム。雨が降る中で朴主永がグラウンドに現れた。昨年7月の洪明甫監督就任後、朴主永の最初の代表抜てき、最初の練習だ。

ワールドカップ(W杯)舞台を2度も踏んだ朴主永だが、緊張した表情が見られた。この日、具滋哲(ク・ジャチョル、25、マインツ)の息子誕生が伝えられ、代表チームの雰囲気は和気あいあいとしていたが、朴主永の硬い表情は崩れなかった。

1時間ほどの練習後、朴主永が取材陣の前に立った。朴主永は「自分に与えられた最後のチャンス。自分のすべてのものを見せてコーチングスタッフの判断に従う」と述べた。努めて平然とした姿を見せようとしていたが、脚が震えるのが見えるほどだった。

朴主永が取材陣の前に立つまでには紆余曲折があった。朴主永は20代初めからメディアのインタビューに大きな負担を感じてきた。洪監督も心配した。久しぶりに代表チームに招集されたうえ、イングランド2部リーグのワトフォードに移籍した後もこれといった姿を見せることができない朴主永が、心理的に大きな負担を感じないか心配したという。代表チームに同行した皇甫官(ファンボ・グァン)技術委員長も朴主永を説得した。

洪監督は朴主永の適応のために配慮した。ロンドン五輪で息を合わせた池東源(チ・ドンウォン、23、アウクスブルク)、FCソウルと代表チームで一緒にプレーした李青竜(イ・チョンヨン、26、ボルトン)を朴主永のパートナーにした。こうした選手たちと調整させながら、できるだけ早く試合感覚を引き上げようとした。朴主永は練習中に行われたミニゲームで、スルーパスで李青竜のゴールをアシストするなど連係プレーに重点を置いた。

朴主永は「久しぶりに代表チームに来たが、よく知っている選手が多かったので違和感はなかった。隣で声をかけてもらい、感謝している」と語った。
<サッカー>朴主永、ブラジルW杯に合流?…運命のギリシャ戦(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>朴主永、ブラジルW杯に合流?…運命のギリシャ戦(1)

    2014.03.05 11:22
    뉴스 메뉴 보기
    カメラの前でほとんど笑顔を見せない朴主永(パク・ジュヨン)だが、同僚と一緒にいると、こうした表情も見られる。朴主永が韓国代表チームに帰ってきた。4日、アテネで行われた代表チームの練習に参加した。6日のギリシャ戦は朴主永がブラジルW杯に出場できるかどうかを決める重要な試合となる。(写真=アテネ=大韓サッカー協会)
    TOP