주요 기사 바로가기

“ヨナノミクス”が韓国に与える経済効果…ペ・ヨンジュン当時をはるかに上回る(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.04 13:45
0
最近、冬季オリンピック(五輪)でスピードスケート女子500メートル金メダルを獲得し、五輪2連覇を達成したイ・サンファ(25)、銀メダルに終わったが真のフィギュア女王の姿を見せたキム・ヨナ(24)も大きな経済的波及効果をもたらした。インターネットショッピングモール「オークション」によると、先月7-13日が選手が競技中に使用したオークリー「レーダーサングラス」の売り上げは前年同期比110%増えた。チョン・ジヒョンがドラマで使った「チョン・ソンイ・サングラス」とともに、時期外れのサングラスの流行につながった。競技前に着ていたフィラのトレーニングウェア、ウィンドブレーカーの販売も3倍以上増えた。「レゴが好き」というイ・サンファの言葉が伝えられたり、ネイルアートがクローズアップされたことで、関連製品も人気を呼んだ。キム・ヨナが演技をする時に付けていた国産イヤリングのジェイエスティナ(J.ESTINA)も注目された。競技前に塗る場面が映ったリップスティックのクリスチャンディオール「アディクトリップグロウ」も視聴者とネットユーザーに広く知られた。

しかしこうした効果は表面的なものにすぎない。選手のスポンサー企業と2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪を開催する国の立場で見ると、両選手による経済的価値は推算するのが難しいほどだ。キム・ヨナが2010年バンクーバー冬季五輪で金メダルを獲得した当時、国民体育振興公団が漢陽大スポーツ産業マーケティングセンターに依頼して算出した数値を見ると、キム・ヨナが創出する経済波及効果は直接的な効果だけで1兆8201億ウォン(約1700億円)にのぼった。“ヨナ携帯電話” “ヨナ積立金”など名前を活用したネーミングライセンス製品の売り上げが約1兆7891億ウォンだった。名前自体がブランドパワーを持ったのだ。このため「ヨナノミクス」という言葉が生まれたりもした。国家イメージ向上、企業広告効果および株価上昇、スポーツ産業波及効果などの間接的な経済効果はさらに大きく、約3兆4149億ウォンと分析された。

サムスン電子が当時調査した結果、家電ブランド「ハウゼン」広告にキム・ヨナが出演する前、サムスン電子の販売競争力は他のライバル会社に比べ66%だったが、出演後は90%まで上がった。キム・ヨナが広告モデルとして登場した現代自動車は当時700億ウォンの広告効果を得たと分析された。

2003年にドラマ『冬のソナタ』で韓流スターとなったペ・ヨンジュン(42)は当時、現代経済研究院が分析した結果、国内で1兆ウォン、日本で2兆ウォンなど計3兆ウォンを超える経済効果を誘発したと推定された。現代経済研究院のイ・ブヒョン研究員は「10年が過ぎた今、情報の拡散速度や範囲を勘案すると、スター1人が生み出す経済効果は、似た重量感を前提にした場合、ペ・ヨンジュンの時よりはるかに大きくなるだろう」と予想した。

チェ・ビョンイル元韓国経済研究院院長は「2003年に李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン会長が『天才1人が10万人を支える』と述べたが、その言葉が間違っていないほどスターの経済的影響力が大きい時代になった」と述べた。
“ヨナノミクス”が韓国に与える経済効果…ペ・ヨンジュン当時をはるかに上回る(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “ヨナノミクス”が韓国に与える経済効果…ペ・ヨンジュン当時をはるかに上回る(2)

    2014.03.04 13:45
    뉴스 메뉴 보기
    女子スピードスケートのイ・サンファ(左)とキム・ヨナ。
    TOP