주요 기사 바로가기

朴大統領「ドイツ統一、粘り強い準備あった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.04 09:14
0
朴大統領は3日、新羅ホテルで開かれた「アジア・リーダーシップ・コンファレンス」開幕式で、「ドイツの統一が可能だったのは粘り強い準備と指導者の勇気ある決断があったため」とし「韓半島(朝鮮半島)にも統一の歴史的機会が訪れた時、それを逃さないためには今から少しずつ準備をしていく必要がある」と述べた。先月25日の就任1周年談話当時に明らかにした統一準備委員会に関し、「統一韓国の青写真を提示し、統一過程と統合過程のための具体的準備を進める」と述べた。

朴大統領はこの日、青瓦台でブッシュ前米大統領と会談し、「北の核問題はもちろん、アフガニスタンとイラクで両国が緊密に協力し、この同盟がグローバルパートナーシップに成長する土台となった」と評価した。ブッシュ前大統領は「両国関係はとても重要な関係であり、現政権も両国関係がどれほど緊要かを共感をしているはず」と述べ、回顧録『決断のとき』を贈った。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領「ドイツ統一、粘り強い準備あった」

    2014.03.04 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    朴大統領が3日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)を訪問したブッシュ前米大統領から韓国語版の著書『決断のとき』を受けた。『決断のとき』は、ブッシュ前大統領が8年間の在任期間にあった米多発同時テロ、金融危機、アフガニスタン戦争、イラク戦争などに関する政策決定過程と自分の幼児期、家族の話などを書いた回顧録。(写真=青瓦台写真記者団)
    TOP