주요 기사 바로가기

北朝鮮がミサイルをまた発射…韓米を試す武力示威

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.04 08:14
0
北朝鮮が3日午前6時9分、江原道(カンウォンド)旗対嶺(キッテリョン)ミサイル発射場からスカッド-C型と推定される短距離ミサイル2発を発射した。先月21日に江原道元山付近から射程距離およそ150キロメートルの300ミリロケット砲(多連装砲・KNー09)と27日に旗対嶺から射程距離およそ200キロメートルの短距離ミサイルに続き、今年に入って3度目の発射だ。キム・ミンソク国防部報道官は「北朝鮮は航行禁止を宣言しないままミサイルを撃った」とし、「これは国際航行秩序に違反するもので、軍事的挑発であるだけに追加挑発を中止せよ」と促した。

韓国政府は北朝鮮が離散家族対面行事期間中(先月20~25日)にミサイルを発射し、海軍警備艇が西海(ソヘ、黄海)の北方限界線(NLL)を越えるなどの行動を見せている背景分析を行った。軍当局者は「先月24日に始まった韓米合同軍事演習であるキー・リゾルブ(KR)に対応する次元と思われる」とし、「非対称戦力を利用した強度の低い武力示威と分析している」と話した。

韓国と米国政府に対する一種のデモ性とも取れる。北朝鮮は先月27日、韓国人宣教師キム・ジョンウクさん(51)の記者会見後にミサイルを撃ち、3日にはミサイル発射直後にオーストラリア宣教師のジョン・ショートさん(75)を釈放した。周辺国家の注目を引きつけてから自分たちのメッセージを伝えようとする布石という分析だ。慶南(キョンナム)大学校政治外交科のキム・クンシク教授は「キムさんとケネス・ペさんら韓国・米国国民は抑留したままオーストラリア国籍者を釈放したことは、ある種のメッセージの可能性がある」とし、「射程距離を延長しながら立て続けに発射を行っていることも、韓国と米国に対して対話か対決かの選択を迫っている意味」と解説した。

特に3日、中国瀋陽で行われた北朝鮮と日本の赤十字会談を控えてミサイルを発射したことをめぐり、日本を圧迫しようとする次元とも取れるとの解釈も出ている。北朝鮮がこの日発射したミサイルは日本の石川県輪島市から400キロメートル離れた東海(トンヘ、日本海)上の公海に落ちた。仁済(インジェ)大のチン・ヒグァン教授(統一学)は「経済回復を推進している金正恩第1書記が、過去の歴史整理を通した経済支援を念頭に置いて急いでいる感じ」としながら「交渉で有利な立場を占め、日本人拉致者や北朝鮮内の日本人遺骨返還など過去の歴史整理と戦後補償金支援を最大化するための一種の機先制圧用の可能性がある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP