주요 기사 바로가기

2者対決で迎える地方選挙…キム・ハンギル・安哲秀が「第3地帯新党創党」宣言(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.03 09:11
0
新党がうまく行くためには、これまでの安哲秀議員の支持層がどれだけ離れずに新党側に移動するかがカギだ。2012年の大統領選挙で文在寅(ムン・ジェイン)議員が敗北したのは文議員が安議員の支持層を全て吸収できなかったためという評価が多かった。

今回は▼すべてを放棄した2012年と違い、安議員が新党の共同株主になり▼民主党の党権を親盧系〔盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の支持派)ではなくキム・ハンギル代表が握っているという点で2年前とは状況が違う。それでも新しい政治を標ぼうした安議員の支持層の相当数が既成政界に強い反感を抱いている無党派層という点で、民主党との統合は安議員の支持勢力の離脱につながりかねないという観測も出てくる。そのために近く実施される世論調査の結果に非常に関心が集まっている。

セヌリ党は安議員の支持層の亀裂を試みている。与党の核心関係者は「安議員はソウル市長選挙も放棄し、大統領選挙も途中で挫折し、今度は地方選挙も独自路線をあきらめた」として「民主党に期待した瞬間に安哲秀の新しい政治は終わった」と批判した。また、安議員の周辺には金成植(キム・ソンシク)元議員のように現与党に合流した人々が少なくない。彼らが民主党と手を組むことに拒否感を表示していることも、安議員の負担に残る見通しだ。金元議員は新党創党のニュースに「(今後の去就を)真剣に検討中」と話した。

安議員が民主党と同じ釜の飯を食べることになって、新党内部で広がる権力角逐も敏感な問題だ。文在寅議員はこの日、報道官格の尹昊重(ユン・ホジュン)議員を通じて「民主党と新政治連合の双方が統合に合意したことを歓迎する」と明らかにした。だが安議員と文議員は構造的に競争が避けられない関係だ。与党関係者は「今回の合意は人材の招き入れることにはならず、脱出口を模索した安議員と、安議員を前面に出して親盧系を牽制しようとするキム代表の利害関係が合致したもの」としながら「その場は静かでも『キム・ハンギル+安哲秀』と親盧系の葛藤はいつでも勃発する可能性がある」と主張した。地方選挙候補の公認権をめぐっても派閥間の摩擦が生じる可能性がある。

新党創党の名分として掲げた「地方自治体長と議員に対する無公薦」はもろ刃の剣だ。ひとまずセヌリ党の公約破棄を批判しながら改革性を浮上させることには成功した。だが民主党所属の地方自治体長が離党後に無所属で出馬しなければならないため選挙が不利になりかねない。特に湖南(ホナム)地域で安哲秀新党に合流しようと民主党を離党した人々は、混乱に陥ることになった。
2者対決で迎える地方選挙…キム・ハンギル・安哲秀が「第3地帯新党創党」宣言(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP